2014年04月14日

児戯ほど怖いものはなかった・・・

ツイッターやFB・ブログ、様々な発信アイテムを持っておりますので、
わざわざこの閉鎖したブログに書くことは無いと思っていたのですが、
過去の記事に関連する出来事なので書いておきたい。

私が、整体院に通う前に行っていた接骨院があります。
そこの先生は整体の先生に比べたらもう子供って言ってもいいぐらいの技量しかありませんでした。

絶縁状をなげつけてというほどでもないが、スッパリと通院をやめてその後の接骨院の事はまったく知らなかったのですが、ちょっと覗いたら接骨院は当時の弟子が院長になっていて、本人はむち打ち治療のスペシャリストと銘打った社団法人の理事になっていました。彼が、「この先生はむち打ち治療のスペシャリストです!」と認定するんだそうです。目が点です。開いた口が・・・('Д')

しかし、そこは許せます。人のやることですし責める理由もありません。
ところが彼は脳脊髄液減少症の家族会ともリンクして、脳脊髄液減少症の支援協会と協力体制まで作っております。
他にも脳脊髄液減少症関連の人脈にアタッチしておりました。
確か、彼の患者の中で脳脊髄液減少症患者は私が最初で、その私はあなたの施術ではこれぽっちも治らなかったはず。本人は治したと思っているのかしら?これはといい商売に使われてしまったのでしょうか?

AMAZONを見ると彼のむち打ちがらみの書籍がずらりと並んでいます。
なんだかいい評価がたくさんついています。
この世は本当におそろしい!!(((゚Д゚)))


さて、なんでこんなことを書くかというと、
閉鎖以来、本当に多くの人からどうしたら健康に元気に戻れるのか、そのために整体院を教えてほしいとお問い合わせをいただきました。

ここ最近、一番多いのは自然形体に行っていたけど治らないから、という問い合わせです。
どうにも治らないから調べてくれということもあって、調べてみるとそこの先生の師匠が自然形体とか、そんなことが続いています。
自然形体は山田先生が亡くなられ、本当に千差万別大変なことになっているようです。

はっきり書いてしまいますと手技の世界で宣伝しているところは駄目です(-_-メ)
例えば、今月限定初回割引とかやっているところは猛烈にアウトです(*_*)
ぱどとかに載っているところもアウトです(笑)('Д')
社会に向かってアピールしまくっている団体とか全然駄目です(/_;)

施術時間が長くなると施術費がアップするところが多いのですが、
本来なら同じ効果を短い時間で到達できるほうが技量があるということになります。
施術に複数のメニューがあるとか何にもわかってない証拠です。

治療院自身のHPがあるところはまぁまずもって駄目だと思って、自分の足と体で自分だけの先生を探してみてください。

皆様がご健康になられることを心より祈っております。

2014年春 BFCBUD
posted by bfcbud at 17:41| 東京 ☁| Comment(2) | 脳脊髄液減少症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月02日

サイト閉鎖のお知らせ

人それぞれ、人生それぞれ。

私たちはいろんなことがありましたが、
いま目の前にある出来ることを無理なくやっていければ、
それでいいなと思っています。

私の体はまだまだ普通の人に比べたら病人と言って良い状態です。
今年の目標も健康第一で。


この更新をもちましてサイトを閉鎖いたします。
病を得てから5年7月。今はもう脳脊症の特徴はほとんど無くなってしまいました。
ご愛読いただいておりました皆様、誠にありがとうございました。
補足
posted by bfcbud at 23:01| 東京 ☀| Comment(53) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月15日

整体治療1年間

備忘:
 ちょっと長かったですが、指が治りました。
真冬に・・・これはスゴイ!
 11月は軽い黄疸がでました(重篤ではないです)。
これのせいで軽い酩酊状態に。
一ヶ月ほどでおちつき今はだいぶよくなりました。
肝臓と指、やはり密接な関係があるようです。


 整体治療を初めて、約1年を迎えます。
接骨院での治療効果が無くなってから8ヶ月が経過し、ふらふらの状態で訪れた1年前を想起すると、今の自分の状態が信じられません。
なにより、気持ちが明るくなりました。そして、まだ週1回の施術がつづいていますが、全面が痛かった背中が右側だけになりました。
仕事もしていますし、文章も書いています。半日の打ち合わせをしても体調が悪化しなくなりました。ぜんぜん大丈夫です。驚きです。
先日の施術の時に、「私、だいぶ良くなっていませんか?」と先生におききしたところ、「最初に来られた時とは別人ですよ」とおっしゃっていただきました。私の体は、生来肝臓が弱くそのために右の骨盤があがり右肩が下がり左首がつっぱり左耳が右耳よりも高くなるよう頭の歪みがでていました。その証拠に高校生の頃からめがねをかけているのですが、そのめがねがいつのまにか、左のヒンジが大きく上向きに歪んでしまうのです。そのゆがみが、最近になりほとんど無くなってきました。脳脊症になる以前からずっと偏頭痛も持っていたのですが、それもほとんど無く、頭痛薬をさわらなくなってもうかなりの日々が過ぎています。
 実は、うちの嫁にも私が通い始めた翌日から通わせています。彼女も2年前に自動車事故に遭い、体調を悪くしていました。そのためにと思っていたのですが、彼女の体調をおおきく悪くしていたのは、心臓が普通の人よりも弱く、そのために左右の胸の高さが大きく違い、体中に歪みが発生していたためでした。走ったりせっつかされたり、ドキドキするようなことがもともと苦手な人でしたので、二人でその話を聞いて目から鱗が落ちる思いをしました。そんな彼女も今は胸の高さが揃っています。

以下個人的感想
posted by bfcbud at 20:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 体調備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月01日

歪む頭

今日は整体の日だったのですが、この1ヶ月間の疲れがたまりにたまりまくっており、ぼろぼろ状態。

朝おきてからどうも調子が悪い。
右の肩筋から頸椎4番あたりが痛重く、あたまの右後ろがへこんで扁平になっている感じがしていました。

整体の先生にそのことを告げたらそのとおりですねーと言われ、
原因は右の骨盤があがってしまったことで左側の骨盤が外側に開いてしまい、左の臀部が扁平になっていることが頭に影響を及ぼしていると説明されました。

それで、足を操作して開いた骨盤を戻す施術をしたところ、頭のゆがみは直りました。頸椎4番の痛みも無くなりすっきり。

おかげさまで家に帰ってぐっすりと寝てしまいました。


 この1ヶ月やばいくらいに忙しい毎日を送っておりました。やっと今日になって、ざっと経費を計算してみたのですが(T T)・・・・。あんだけ働いて、アルバイト君と数万円しか給料がちがわんとわ!自営ってホント大変なんだな。そら、諸先輩方が事務所を畳むのもあたりまえだわなー。いったいどこで誰が贅沢しとるんだろう?
posted by bfcbud at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | リハビリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月20日

あれこれ

久しぶりにひと月以上、更新をとばしてしまいましたね。
とても忙しかったのです。すいません。

 ところで、指の皮むけをやってしまいました。
理由はここ1ヶ月ほど休み無し。しかも10月から朝6時起きで仕事に行き帰ってきて家事して(いま嫁子が停止している)翌日の仕事の段取りをつけて12時に寝る的なことをしていたためと思います。先週、嫁子の義母が2日ほど家事しにきてくれて多少休めました。今週は仕事を少し休む予定です。

 いろいろと家の中に変化があったのですが、それはまたの機会に。とりあえずですが、関連して急遽引越をしました。それと仕事が異常なまでに忙しくなり、だいぶ人を雇っているので、管理が大変です。無理がたたったようで、整体の先生に無理きてますねーと言われました。でも無理ができるようになったんですねぇー、とも言われました。
 最近は意識して水を飲むこともなく、天気の変化もわからなくなってしまいました。まだ疲れやすくはありますが、脳脊症とだいぶ離れてきている感じがします。
posted by bfcbud at 06:52| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 体調備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月22日

ええ

きのう、修理に出していたノートパソコンがやっと帰ってきました。

 無線LANが壊れてしまい、そろそろ保証も切れちゃうからと、仕事で使っているにもかかわらず旧機のデスクトップで我慢することにして、8/7に送り出して14日間・・・長かった。。。
なんでそんなに長いのとおもったら、なんと無線LANだけでなくマザボとFANも交換になっていました。( ; ゚Д゚)
 排熱がおいつかずに焼き切れていたんですかね、もしかしたら。
結構重症だったみたいです。でも帰ってきてよかった。

 ところで、仕事って書きましたけど、自営業をはじめました。ほんとはアルバイトがいいんですけど、仕事をくれていた事務所が廃業してしまい、自分で事務所を作らないと仕事できなくなってしまい、やむなくです。今、嫁に青色申告のために勉強をしてもらっています。☆(>ω・)アリガd♪

 学校も行こうと思ってたんだけど、生活優先になってしまいました。
でも久しぶりに本格的に仕事を再開し、体を社会ベースで動かしてみると案外いけるものです。
まだまだ肝臓や腎臓あたりが痛くて、無理すると背中に来ますが、それは週1の整体矯正でなんとかなっています。
 今日もその整体の先生の所に行っていたのですが、まだ週1ペースのイワユル症状の悪いほうの部類のままなんだけど、それでもだいぶよくなってきて、「悪いところと痛みがちゃんと連動するようになったね」と言われました。脳脊症のおそろしいところは、痛みが多すぎてもうなにがなんだかわからなくなり、自律神経失調症におちいってしまうところ。今年の夏は汗もきちんと出ました(まえは汗がほとんどでなくなってました)。それも気持ちいのいい汗です。それに、食べて寝て仕事をして、それぞれにたいする体の反応がまっとうになってきた感じがしていました。
 この半年くらい、なんかあっというまでしたけど、本当に随分とよくなったなと実感しています。


 振り返ってみるといろんな治療をしてきましたが、その結果効果が

 ・あった・・・BP、整体院

 ・無かった・・・整形外科、漢方、接骨院(追記・・・効果がゼロとうわけではなく症状は緩和しました。でも、ずっと続けても治療にはならず、中断すると元にすぐ戻るという結局は意味の無い療法でした)

 ・よくわからん(けど助けにはなったと思う)・・・サプリ、鍼

でした。
健康保険を使った治療がどれも効果がなかったところが、なんとも言えません。健康保険税を払う意思がとても萎えました。(^−^)
posted by bfcbud at 20:45| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月13日

なんか・・・

なにか、急に子猫が巨大化してきたこのごろです。
もう2キロくらい?
きたときの4倍くらいですね。

大きくなってきて特徴がわかるようになってきました。
どうやらノルウェージャンかメインクーンらしいのですが、どっちにしても巨大猫化はさけられそうもありません。

ほんとおっきい。


最近ですが、ビオチンをのみはじめてから手のほうは調子が良い。
あいかわらず、腎臓と肝臓がくるしい。
頭痛はほとんどないが、花粉症からくる頭痛はどうしてもあります。
いま一番苦しいのは花粉症。
イネ科だとおもうのですが、やなかんじです。
そろそろブタクサもやってきますが、ブタクサは本当につらい。
花粉にやられると肝臓がフル稼働し、疲れる。
腎臓もやるきを失う。
背中がいたくなり姿勢が狂う。
それでも仕事して(生活のために)、脊椎がずれる。
休んで戻す。
みたいなことを4月からずっと繰り返しています。

全体としてはUP傾向ですけど、はやくなんとかなりたい。
posted by bfcbud at 07:03| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月20日

ひぐらし

今年、初ひぐらし。18:40。
昨日まで、暑くて暑くて、でも風がなくて、ちっとも涼しくなくてクーラーばかりでした。

今日は朝から緩い風がふいていました。日中はプールに出かけ、帰ってきて窓を開け放して風をいれていました。
夕方のこの時間、涼しい風が吹き、とほくに、ひぐらしの鳴く声が聞こえています。

今日は旧暦の6月18日です。あと10日少しで夏が終わります。夏の終わりに鳴くひぐらし、まさにそのとおりなのです。


4日前、
兄が亡くなりました。
あの日は、あついアツイ夏の真っ盛りのなかで、ちょとだけ雲が出て涼しかった、そんな日でした。
あともう少しで季節が変わったのに
そしたらまたちょっとちがったんじゃないのかね。どうだろうね。。。
posted by bfcbud at 19:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月08日

もしかしたら?脳脊髄液減少症患者って

知合いの脳脊髄液減少症患者と話をしていて、私とその人の共通点として次の事が上がりました。

・当時は過労気味
・肝臓が多少なりともやや弱い
・皮膚や粘膜が生来弱い
・アレルギーを持っている
・花粉症(これも、まぁ、アレルギー)
・むかしから湿疹や汗もが良くあった

脳脊髄液減少症患者の方で
ここのコメントに書き込みをしてもよいという方が、
おられたら、ぜひ、
私もそうだ、とか、やや近いかも、または、全然違う、
など書き込みをしていただけませんでしょうか?
ご協力お願いします。

 実は最近新しい内服薬を飲んでいるのです。
手の皮向けのための薬なのですが、
私の手の皮向けは汗疱という病気です。
父が現在、掌蹠膿疱症という手や足の皮が
ひどく向ける病気なのですが、
若いころは汗疱だったそうです。
要するにこれは、遺伝です。体質的な問題なのですね。

それで、掌蹠膿疱症治療で使われるビオチン療法というのを
つい最近始めました。
ビオチン 15mg/day
活性酪酸菌 3g/day
ビタミンC 1g/day
以上を3回に分けて8時間ごとに内服します。

皮膚のため・・・・なので、
それを飲んでいると、
口の中の怪我した粘膜が
通常の3倍くらいのスピードで治ったり、
もともと敏感で薄かった肌や粘膜が以前より
皮も厚く丈夫になったりしていて、
子猫に引っ掻かれた傷も消毒なしで
半日で良くなってしまいました。

もしかたら脳脊症で硬膜に空いた穴が塞がらないことと
関係しているのかもしれないと思い調べてみたら、
幾人かの患者はビオチンを含んだアミノ酸を摂取することを
脳脊症のお医者さんにすすめられているようでした。

ただその人たちのブログを見ているとあまり効果が認められていないようでしたが、摂取量がぜんぜん足りてないように見えました(ビオチン療法は1日の必要摂取量の50倍のビオチンを摂取します)。


 私は子供のころ皮膚のある部分(恥ずかしいので秘密)
が切れてしまったのですが、その部分は今でもつながっていません。
液体が通るところで、そのせいで繋がらないのだと思うのですが、
この現象自体、脳脊症とよく似ています。
posted by bfcbud at 10:33| 東京 ☔| Comment(10) | TrackBack(0) | 脳脊髄液減少症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月27日

世の常

上を見ればキリハナシ
下を見ればキリハナシ

というけれど
今の状態に満足できないのは何故だろう?

それは健康じゃないから?

-------------------

6月の2週目から体調不良ということで
ほぼ一切このことを休んでいます。
皮向けはちょっとだけおさまってきましたが、
背中はあいかわらず痛い・・・

こういう休んでいるとき、
結局気になるのは他人のことだ。

以前は休むといってもとても休める精神状態ではなかった。
今は、昔に比べればだいぶ休めるようになった。
けど、眠れて禿げなくて済むようになっただけで、
50歩100歩かなという感じもする。ハンセイ(+o+)


話は変わって、我が家に子猫さんがやってきました。
まだ生後2か月のやんちゃなお姫様です。
20080615 103143s.jpg
6/12にやってきて今日で半月。
みるみると大きくなり今は1キロ手前で、ちょっと足踏み中。

先住猫が亡くなって当分はと思っていましたが、
猫が家に居るのと居ないのでは、やはり全然違いました。
posted by bfcbud at 18:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。