2007年04月29日

脳脊症のコアな症状

脳脊症を発症する人のほとんどは,
発症前に極度の疲労もしくはいわゆる過労状態にある人が多い.
(私が聞きまくった限りでは)
おそらく同じ衝撃(むち打ちなど)でも,健康な人なら通常の捻挫ですむものが,
過労の人たちでは,プラス脳脊症になってしまうと,私は想像しています.
ま,これは定性的な仮説に過ぎませんが,誰か,医者でなくても看護師とかリハビリ師とか,社会学の人でもいいので,統計で有意性を検証して確認してほしいものです.

 いずれにしても,ほとんどの人が脳脊症以外の不具合も同時に抱えていて,
どの症状がどの原因に起因する痛みなのかわからない状態にあるのが,
脳脊症患者の通常の状態と言えると思います.

 私自身,罹患しながらさらに冷え症になったりヘルニアがみつかったりと,
まぁよくもまぁこんなぼろぼろな体に,と思ったものです.
ですが,脳脊症の治療が進んでいくに従って,
脳脊症由来のコアな症状が分離できるようになりました.
それは,気圧変化と密な関係にある症状ということで認識できました.

 たとえばまず,頭痛.
頭痛ひとつとっても様々な種類があります.
前頭葉だけがとか,後頭部の一部が痛い,などというのはこれは脳脊症の症状ではなく,その部位に通ずる血管が筋肉のコリなどで押しつぶされ血液不足になっている事が多かったです.脳脊症由来の頭痛は,脳と脊髄の形,右顔を横から見たとき,ちょうど ←この括弧の形状に沿って生じる痛みがそうです.そして目の奥で鋭い痛みが発生します.ひどいときは目を開けていることが苦しいほどです.自分ではわからないのですが,視野も狭くなっています.
そしてあと吐き気.
吐き気も首の付け根の筋肉がこると発生しますが,そういう吐き気はひどくなると酸欠的な苦しみに変わります.脳脊症由来ではそういうことはありません.とにかくクラクラします.クラクラとカラっとした感じの吐き気(内臓のむかつき感がない)が特徴で,これの方が頭痛よりも気圧との関係が密でした.
 これら以外の脳脊症の症状といわれているものは,すべて二次的に起こるものですから,他に原因が由来するものとは区別がつきません.

 もし,ここに書いてあるような,「私が感じた脳脊症にコアな症状」があなたにもあるようでしたら,この病気の可能性を疑ってみてはいかがでしょう?
posted by bfcbud at 09:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳脊髄液減少症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月25日

交通事故で冷え症に?

最近いろいろな方の交通事故ブログを見ています.
その中で長期間不定愁訴に悩んでいらっしゃる方の症状に,
それは冷え症の症状と一緒だ!
というものが多く見られます.

私は,脳脊症がほとんど治癒した段階で,
事故の時から始まった指の皮むけが全然治らない状況を見て,
漢方の先生のところに行きました.

漢方の先生の見立てでは重度の冷え症になっているということでした.
冷え症で血が巡らず指の表面まで血液が循環していないことが,
皮むけの原因でした.もちろん冷え症ですから,
皮むけにとどまらず全身に悪影響を与えていました.
腰痛や背部痛,頭痛,鼻炎,筋肉のこりなどすべて関与しているとのことです.

皮むけ自体は中学生のころ年2回くらい(1回1週間くらい)あったりなかったり,
また慢性鼻炎症でしたから体質として冷え症の素質はもっていたようです.
ですが,高校生の頃は冬山登山をしていたため,
寒地訓練を旺盛にこなし相当な薄着でも大丈夫になり皮むけも長い間ありませんでした.
それが,交通事故を境に3年間ずっと皮がむけ続けるような,
重度の冷え症になってしまいました.
その原因はこんなことではと私は考えています.
・事故に遭うと一時的にでも寝たきりになり筋力・代謝能力低下
・なんでも体を動かすのがおっくうになってしまいさらに筋力が低下
・結果動物としての活性度が落ち冷え症に・・・・
私の場合,脳脊症でさらに寝込んでいたので,よっぽどひどいことになってしまったのでしょう.

人それぞれでしょうから,判断はむつかしいでしょうが,
知らないうちに事故で冷え症になった,またはひどくしてしまった人は結構な数存在するのではと思っています.


 余談ですが,
私は子供の頃,夏冬関係なくお外で馬鹿丸出しで遊び狂っていました.
イコールよく体を動かしていたということなのですが,
大人になるとあの頃ほど体を動かさなくなりました.

接骨院に来ている大人のほとんどは,
体を動かす機会が無くて筋肉が固まってしまった現代病の人たちです.
最近その仲間に小学生たちが大挙参加してきています.
年齢は10歳でも体は60歳!実際にそんな子が本当に増えています.
原因はお外で体を動かして遊ぶ事が減っているため.

私は子供の頃は体が楽に動いてよかったなー,などと思っていたのですが,
子供でも体を良く動かしてないとダメなのですね.

最近の子供らの不遇を思いつつも,
年を喰っていても,体を動かせば
自分の体調を良くできると希望をもっています.
posted by bfcbud at 10:17| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 交通事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月24日

病歴

簡単な病歴を最初のエントリーに追記しましたのでご覧ください.

どのくらいの期間病んでいて,
どのくらいの治療期間で良くなっていったのかとか,
一目でわかりたい人もいらっしゃると思いますので・・・・

最初のエントリー
posted by bfcbud at 17:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どうも・・・・

先週末後輩の葬式があり
一段落しました.

しかし,体調は悪化中です.
悪化は4月にはいってからなのですが,
いくつか原因があります.

・復帰の疲労
・天候不順
・接骨院の勤務態勢が変わって院長が月3回くらいしかみてくれない
・後輩が亡くなったショック

復帰の疲労や天候不順はいたしかたありませんが,
接骨院の勤務態勢が変わったのは痛い.
若い先生が増え,昼間の院長専任の時間帯に,
若手の先生が増員されてしまい,
院長専任の時間帯がゼロになってしまったのです.
私はしかたなく彼の施術を受けているのですが,
やはり院長はレベルが違うと実感させられている次第です.
彼では一日分の不調を1回の施術でただすことができず,
時間と共に悪化してしまうのです.
こちらが意識的に休みを作って,今は一進一退となっています.
余談ですが,主婦層のお客様は敏感です.
二週間で昼間の時間帯から主婦が消えていきました.(主婦は敏感だ!)
おそらく他の接骨院に消えたいったか,様子見か・・・・


話を戻しますが,後輩が亡くなったことのショックは相当なものだったようです.
亡くなった翌日から急に気持ち悪くなり体も疲労気味.
2日後に運良く院長に診察してもらったのですが,
いわゆる心的ショックによる筋硬直に典型的な症状がでている,
と言われました.

その後,無理をしないよう気をつけてはいましたが,お葬式の最中,
みるみる筋肉が硬直していくのが自分でもわかりました.
感受性は強いのにストレートに感情が発露しないものだから体にでる,
ということなりますでしょうか.心当たりアリという感じです.続きを読む
posted by bfcbud at 12:03| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 体調備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月16日

残念でならない

4月より復学し,毎日がんばっております.

10年来つきあいのある大学の後輩が,
ちょうど私と同じ様にこの1年半,病気で大学にこれなくなり,
そのまま,今朝方亡くなった.残念でならない.本当に残念でならない.享年28歳の夭折.悔しくてならない.

まさかもう会えないとは思っていなかった.
この1年半で私は回復,復学し,彼はガンに倒れた.

心から哀悼の意をささげる.
幸いにも今日は空も泣いてくれている.
唯一のなぐさめ.
posted by bfcbud at 17:18| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。