2007年06月25日

数日のログ

.JPG

ここ数日の気圧(左軸),勝手な体調指標・5時間平均の気圧変化率(右軸)をグラフに起こしてみた.

体調指標は,次のような基準で数値化しています.

0 何も無し
1 ぼーっとする
2 重だるい
3 2+ 頭がずきずきorクラクラする
4 はっきりとした頭痛orめまい
5 頭痛+吐き気
6 5+ 目の奥の痛み+フラフラ
7 ガンガン頭痛
8 寝込む

ログをとりはじめてから,今のところ4以上は発現していないのでグラフの指標値は5までになっています.変化率はプラスになればなるほど,気圧傾度が下がっている方向に増角していることを示し,マイナスはその逆を示しています.

みたままなのですが,特徴がふたつあります.
・絶対気圧が1005hpa以上なら調子がよい
・1005hpa以下で変化率が 0.6hpa/h を越えると1〜2ほど体調指標値が悪化する

1005hpa以下のときは,体調指標が1まで良くなることはほとんどありません.この状態で梅雨時の激しい気圧変化を受けていることがグラフからわかりますが,その結果,指の皮むけが再開しました.今のところ4本やられております.2月中ごろからずっとなかったのですが,きましたねぇ〜・・・・・.皮むけが始まると家事も出来なくなるのでつらいです.




posted by bfcbud at 12:44| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 脳脊髄液減少症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月21日

またですがログ

お外は天気がいいですが,頭はずきずきでぼーっとします.

現在995hpaです.

今日の10時過ぎ頃に1000hpaを切り,下がり続けています.

朝は嫁さんを職場におくれるくらい調子が良かったのですが,今は最悪です.

以上
posted by bfcbud at 15:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 体調備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月20日

気圧と体調

6/17から今日までずっと1000〜1006hpaで推移していました.
このくらいの日数安定していると本当に調子がいいです.

それまでは,995hpa以下で数日安定していたこともったのですが,何か頭の中が抑えられるようなかんじがありました.そして,1000hpa以下で±10hpa以上の変動が2日周期でおこったときは,きりきりと口を噛みしめている自分にハッとし,頭がずきずきしてぼーっとしてクラクラしていることに気づきます.

デジタル気圧計でログをとりながら天気をみていると,
本当に気圧と晴れ曇り雨とはそんなに関係が無いということが分かります.(理論的に理解はしていたのですが・・・)
気圧が低くても水蒸気が少なく,凝結を起こすような対流がない日は,ホント,ぴーかんに晴れています.

「天気は快晴なのに調子が悪いなぁ〜」と思ったことが,3月中旬以降たびたびありました.「なんでぇ〜天気いいのに〜」と思い,もしかしたら塞ぎすぎて髄液亢進になってしまったのかな,などと思ったりしていたのですが,晴れにだまされていたようです.先日の6/15などはその典型のようでした.
posted by bfcbud at 17:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 体調備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月17日

快調

現在,1005.6hpa

48時間で約20hpaもあっがたぞ(^O^)

とっても快調.

嫁と河原に行ってバドミントンと太極拳をやってきた.

気持ちがイイです.


結局,単純に気圧が問題なのか!
posted by bfcbud at 11:43| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 体調備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月15日

気圧が下がる〜

うう〜気圧が下がるぅ〜きもいぃ〜.

今 988.7hpa

天気は快晴.

きもいぃ〜,くらくらするぅ〜〜〜

24時間で16hpaも下がった.まだ下がり続けている晴れなのに・・・

(´・ω・`)ショボーン
posted by bfcbud at 13:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 体調備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月08日

自分用お助けアイテム 〜その1〜

再発したことが分かって,まず購入したもの.


BARIGO/バリゴ no.47 PEAK/ピーク

バリゴ社というのは,登山用高度・気圧計などを作っているドイツのメーカーです.私が高校生の時から所有している高度計もこのバリゴ社製のもので,今でも役に立っています.このno.47ピークは登山用に開発された高度計・気圧計・温度計が付いたログ時計です.高度は、自動で2300ポイントまで任意間隔でメモリーでき、気圧計と温度計は48時間分を毎時データとして自動で記録してくれます.

今までは気圧図とにらめっこしながらやっていた天気と体調の関係を,これからはこの時計を使って管理していこうというわけです.

今日の午前中に届いたのですが,ちょうど1週間ぶりに天気が悪くなってきました.10時過ぎからの3時間で4ヘクトパスカル(hpa)ほど気圧が下がり,軽い頭痛と吐き気が出ました.症状がでたのは下がってすぐでは無く,数時間たってからでした.今は4ヘクトパスカル下がったところで安定しています.2時間ほど前,OS-1を500ml摂取しました.症状は少し軽減しています.

1.25hpa/1hなわけですが,わずか4ヘクトパスカルで,症状が発現するとはオドロキです.『10ヘクトパスカルくらい変わると症状が出るのかな』とか思っていたのですが・・・・・・.

うーんこんなところで,専門兼趣味が役に立つとは・・・・(・∀・)
posted by bfcbud at 16:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月01日

忘れないうちに

午後になって天気が良くなると魔法のように,頭痛と吐き気がなくなりました.
頭の中にはもやが残っています.おもいっきり典型的な脳脊症の症状変化です.
はっきりとしたものは,この2週間で3回目です.
実は4月にも数回,天気と連動してクラクラすることがありました.
あまり強い症状ではなかったのと,筋緊張性のものとの区別がつきがたかったので,きには留めていなかったのですが.

しかし,おかげで,調子が良くなり外に出られそうだったので,接骨院まで車で行ってきました.
院長先生に診て欲しいとお願いし,久しぶりに診察してもらいました.
椎間の拡大(椎体は間違えでした)については,全く元に戻っていませんでした.
筋肉の凝りは改善していて紫斑が出なくなっていました.凝りはよくなっているのに症状が強くなっている以上,筋緊張性はシロです.首の筋肉も問題がありませんでした.
椎間拡大による髄液循環阻害か脳脊症のどちらかが原因ということになります.

接骨院では今後集中的に椎間の施術をして,これが原因となっているかもしれないという可能性を潰すことにしました.
脳脊症の可能性については,専門ではないのでわからないとなりましたので,来週急遽,かかっていた専門病院で診察を受けることにしました.

感じとして十中八九,治療がまだ足りなくて,気圧変化の激しいこの時期になって発現してきたのではと,推測します.
以前は,ずっと頭にもやがかかっている状態だったのですが,今は頭の中でもやが飽和しているという感じです.

こんな状態で身を慎んでいなかったとは,バカですね.
posted by bfcbud at 17:35| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳脊髄液減少症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。