2008年03月21日

ありがとう

前回のエントリーから今日までいろんなことがありました。

2月21日、うちのにゃんが亡くなりました。
 5年前私が交通事故に遭ってその2か月後、嫁と一緒に彼女の実家からやってきたこの猫は、黒猫さんで体重は11キロを超えていました。お年も既に12歳、あまりのでぶりっぷりに走ることもできず、うーんこれは長くないかなと思いつつも、まずは2年かけて体重が6キロ強の黒猫さんになっていただきました。それからすでに3年、もうずーっと一緒にいるものだと思ってしまっていた矢先でした。私が脳脊症になって家で悶々としているとき、彼はずっとそばに居てくれました。思い出すだけで涙が出ます。なんて思いやりのある猫だったんだろう。

 本当に調子が悪くなりもう寝込んじゃうぞという直前に、寝床からわざわざ私のところにやってきて、きれいな姿勢で立ちまっすぐ私を見て「にゃーん、にゃーん」と2回鳴きました。こういう雰囲気の鳴き方は今まで一度もしたことが無かったので、「何?何?どうしたの?」と私は聞き返しましたが、そのまま自分の寝床にまっすぐ帰って行きました。今思えば「あいつ(嫁のこと)を頼んだぞ」ということだったのだと思います。なにせ、ずっと嫁の保護者のような事をしていてくれたえらい猫さんでしたから。

 本当にありがとう。
posted by bfcbud at 09:32| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。