2014年04月14日

児戯ほど怖いものはなかった・・・

ツイッターやFB・ブログ、様々な発信アイテムを持っておりますので、
わざわざこの閉鎖したブログに書くことは無いと思っていたのですが、
過去の記事に関連する出来事なので書いておきたい。

私が、整体院に通う前に行っていた接骨院があります。
そこの先生は整体の先生に比べたらもう子供って言ってもいいぐらいの技量しかありませんでした。

絶縁状をなげつけてというほどでもないが、スッパリと通院をやめてその後の接骨院の事はまったく知らなかったのですが、ちょっと覗いたら接骨院は当時の弟子が院長になっていて、本人はむち打ち治療のスペシャリストと銘打った社団法人の理事になっていました。彼が、「この先生はむち打ち治療のスペシャリストです!」と認定するんだそうです。目が点です。開いた口が・・・('Д')

しかし、そこは許せます。人のやることですし責める理由もありません。
ところが彼は脳脊髄液減少症の家族会ともリンクして、脳脊髄液減少症の支援協会と協力体制まで作っております。
他にも脳脊髄液減少症関連の人脈にアタッチしておりました。
確か、彼の患者の中で脳脊髄液減少症患者は私が最初で、その私はあなたの施術ではこれぽっちも治らなかったはず。本人は治したと思っているのかしら?これはといい商売に使われてしまったのでしょうか?

AMAZONを見ると彼のむち打ちがらみの書籍がずらりと並んでいます。
なんだかいい評価がたくさんついています。
この世は本当におそろしい!!(((゚Д゚)))


さて、なんでこんなことを書くかというと、
閉鎖以来、本当に多くの人からどうしたら健康に元気に戻れるのか、そのために整体院を教えてほしいとお問い合わせをいただきました。

ここ最近、一番多いのは自然形体に行っていたけど治らないから、という問い合わせです。
どうにも治らないから調べてくれということもあって、調べてみるとそこの先生の師匠が自然形体とか、そんなことが続いています。
自然形体は山田先生が亡くなられ、本当に千差万別大変なことになっているようです。

はっきり書いてしまいますと手技の世界で宣伝しているところは駄目です(-_-メ)
例えば、今月限定初回割引とかやっているところは猛烈にアウトです(*_*)
ぱどとかに載っているところもアウトです(笑)('Д')
社会に向かってアピールしまくっている団体とか全然駄目です(/_;)

施術時間が長くなると施術費がアップするところが多いのですが、
本来なら同じ効果を短い時間で到達できるほうが技量があるということになります。
施術に複数のメニューがあるとか何にもわかってない証拠です。

治療院自身のHPがあるところはまぁまずもって駄目だと思って、自分の足と体で自分だけの先生を探してみてください。

皆様がご健康になられることを心より祈っております。

2014年春 BFCBUD
posted by bfcbud at 17:41| 東京 ☁| Comment(2) | 脳脊髄液減少症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。