2006年08月03日

脳脊髄液減少症の手術

どうも、術後の安静期間のため2週間寝たきり生活中です。結構元気です。
ノートパソをうまく配置して寝ながらでも使えるようにしております。


さて、脳脊髄液減少症の手術といってもいったいどんなことを目的として
どんなことをするのか?そしてその効能は?

先日手術をしたさいに医師から提示された「処置・検査に関する説明書」
や「看護計画」から、勝手にコンポジット&要約してここに載せておきたく思います。
明らかな誤字や古い用語などは変更しました。

-----------------------------
『ブラッドパッチ 硬膜外自家血注入』

【目的】
 脳脊髄液減少症という、髄液が漏れている病態に対して、血液を脊髄硬膜の
外側に注入して、髄液の漏れをふさぐ

【方法】
 脊椎の隙間を背中側から穿刺し、硬膜の外側に穿刺針先端を進め、
点滴ラインから患者本人の静脈血を採取し、その血液を注入し、
血液を脊髄硬膜の周囲に鞘のように充満させる。
 血液の注入量は、腰椎(腰)の場合は20-30ml、胸椎下部(背中)の場合
は15-20ml、胸椎上部(首)の場合は10-20ml注入。

【麻酔の方法】
穿刺の前に、1%キシロカインの局所麻酔注射

【術後】
 手術日を含めて3日間入院。その間絶対安静。
退院後2週間自宅にてトイレ・食事・風呂以外の時間は、
頭を上げないようにして横臥安静にする。
 術後1年間は重いものを持たない、踏ん張らないこと。

【起こりうる合併症】
 多くの方が、2-4週間、穿刺した部位の痛みや腰痛を訴えます。
また、頭痛、後頚部痛、肩の痛み、背中の痛み、めまい、吐き気などが
悪化したり、新たな症状として出現することもありますが、通常は2-4週間
(遅い場合は約3ヶ月)で改善し、その後は、症状が術前よりも改善する
ことが多いです。腰痛は遅れて生じることもあるため、腰痛はなくても、
処方した痛み止めなどの内服薬(約3週間)は飲みきってください。

【治療による改善予定および今後の治療予定】
 現時点での全国平均の治療成績であり、当院でも同様ですが、
1回のブラッドパッチだけで改善する率は1割しかなく、合計3回から4回の
ブラッドパッチを重ねて、以前よりも楽な状態に改善するのが約7割(内訳は、
著名改善が約3割で、部分的な改善が約4割)です。
 1回目と2回目のブラッドパッチの間隔は個人によって異なり、約1ヵ月半
から3ヵ月くらいあけて施行し、2回目のブラッドパッチ終了後は約3ヵ月間、
経過を外来で観察し、症状改善の程度を見て、3回目のブラッドパッチを行います。
 さらに約3-6ヵ月後に4回目のブラッドパッチを追加することもありますが、
通常は、RI脳槽シンチグラムを再検査して、漏れがまだ残っているかを確認して、
施行を決定することにしています。

-----------------------------

 これを読むだけでも治療には最低でも約1年を要することがわかります。
また、最後の手術が終わってから1年間、重量物を持つことを禁止されます。
ちょっとした仕事でもなにかしら重いものをもつことがあるでしょうから、
完全を期したければ、この間も仕事はできません。都合2年間は療養に
あてることになりますが、そういったことはほとんど周知されておりません。
私も初診までそのことをしりませんでした。

 合併症による副作用は遅い場合でも3ヶ月間でとれるように書いてありますが、
私の場合は5ヶ月近く続き、そのせいで3回目の手術が延期になったりしています。
合併症により苦しんでいる患者さんは相当数に及んでいるらしく、
この辺についてはちょっと過少に表現しすぎだと個人的に思ってます。

 そして、一番重要なこと、著名改善=ほぼ完治(?)は約3割でしかないという
こと。確かにこれでは厚生労働省が保険治療を認めるわけがありませんねー。
そもそも完治という言葉が一言もでてこないというのが、イタイです。
posted by bfcbud at 11:43| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 脳脊髄液減少症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あらためて思いしらされます・・・。
Posted by fumoh at 2006年08月03日 16:33
fumohさんへ
残暑みまいありがとう!
涼しげな絵葉書でなごみました。

本日床上げでございます。
Posted by bfcbud at 2006年08月07日 13:01
とても詳しく説明されていて、大変参考になりました。

先日MRIミエロと造影剤脳MRIで精密検査をしました。
結果的には漏れは見つからなかったのですが、自覚症状的には低髄の疑いもあります。

しばらくは別の方法で治療を続けますが、症状の方はほとんど回復しない現状です。

これから梅雨に入る頃に自分の体がどのようになるか、じっくり観察しようと思います。

Posted by cyberskirmish at 2007年03月03日 22:29
cyberskirmishさま。
訪問ありがとうございます。

いまチラッとそちらのブログも見に行きました。
これからソチラのコメントにも書いておきますが。
私のけいけんからは陽性かもしれませんよ。

私も脳の下垂は微弱でした。
Posted by bfcbud at 2007年03月04日 09:39

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。