2006年12月05日

接骨院にて

接骨院での効果がでてきたおかげで、気力もだいぶ戻ってきました。
今でもあいかわらず背中・腰・肩は痛いですが、表面的なものはほぼとれ
箇所も凝縮してきました。あとは内部の根をはってしまった部分の治療ですが、
これには時間がかかるようです。

気力回復に伴い、2週間ほど前から週2・3回でジョギングもできるようになりました。
走ったのは事故以来ですので実に4年ぶりです。
最初、筋肉がびっくりしてしまいビクビクしましたが、こういう筋肉の悲鳴も
久しく感じていなかったよろこびです。

運動をすれば事故前だったら体力がぐんぐん上がるのですが、今は
簡単には効果があがりません。途中、疲労蓄積でダウンなどもしながらなんとかつづけています。
人間らしい生活ができるようにと思い、今はがんばらねばなりません。

ところで私の通っている接骨院は交通事故を専門にしている接骨院で、
スポーツジムにおいてあるような器具でリハビリもやっています。
治療から3週間ほどたったあたりから、ストレッチ器具なども使いはじめていたので
すが、4週間目ころからトランポリンを飛んでます。
トランポリン効きます。というか痛いです内臓が。
子供のころはサルの様に児童館でとんでましたが、大人のトランポリンきついです。
内臓が上下することで中のほうの筋肉が使われるらしく、
そこにも大量に毒がたまっているものだから、飛ぶようになっ
てから1週間くらいはくっさ〜い小水がでつづけました。(笑)

同じころから首の周辺ももまれるようになり、
これが痛いのなんのって、あまりの痛さに笑いしかでず、自分の手が
いつのまにか先生の手を引き剥がそうと首の辺りにまでのびているのにきづき
ハッとするほどです。(笑)
筋肉をもんでいただけと思っていたのですが、
リンパマッサージもやっていたそうで、それが痛かったようでした。

接骨院にしては多種な引き出しを展開する楽しい先生です。
posted by bfcbud at 12:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | リハビリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。