2007年02月08日

ゲストブック(足跡・質問など)

コメントを書く適当な記事が無い時に使ってください。
足跡・ご質問なんでもOKです。
URLを書いてくれれば遊びに行きます!(`・ω・´)シャキーン
posted by bfcbud at 11:07| 東京 🌁| Comment(46) | TrackBack(0) | ゲストブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
テスト
テストテストテスト
テストテストテスト
テストテストテスト
テストテスト
Posted by bfcbud at 2007年02月23日 09:51
貴重なアドバイスありがとうございます。
現在は某大学医学部附属病院の脳神経外科に通っています。まだ精密検査の最中ですが、初回の問診で「低髄液圧症候群の疑い」ということになりました。
順調にMRIに所見が撮影されていればよいのですが・・・
そんなわけでこの症状の原因を早く知りたい男というタイトルにしました。
Posted by cyberskirmish at 2007年02月23日 21:45
再訪問ありがとうございます。
いろいろと読まさせていただきました。
応援しております。
がんばってくださいね。
なるたけ、治療のためには仕事とか全部放棄してしまったほうが良いですよ。
治療をしても中途半端な治り具合の人が多いですから。
Posted by bfcbud at 2007年02月26日 08:40
別の方のブログでも貴重な情報ありがとうございます。
どうやって見つけたのでしょうか!!?
ものすごい検索能力と読解力、記憶力がなかったら無理ですよ!

早速のアドバイスありがとうございます。
耳鼻咽喉科からは4種類の薬を1か月分出してもらったんですが、その薬の山を見て、「これはヤバイだろ!?」と思いました。

今はめまいが酷くて我慢できない時しか服用していません。

デパスとミオナールの方も、痛みが酷い時とか、天気が悪くなりそうな時に予防的に服用するようにしています。医師の指示通り飲んでいたら本当に薬害になってしまいますからね。

ただ、心療内科から出されている薬で、夕食後だけの薬は毎晩飲んでいます。
ワイパックス、セレネース、ピレチアの3種類です。
ぐっすり眠れて、本当に疲れが取れるんです。
そろそろワイパックスは半分に割って、半分だけにしようかなぁ〜と思っています。

今後ともアドバイス、よろしくお願いします。
Posted by cyberskirmish at 2007年04月28日 17:18
仕事の方は放棄できずにいます。
が、できるだけバリアーを張って、仕事をしないようにはしています。
同僚にも自分の症状をキチンと伝えて、仕事をまわさないようにバリアを張ってあります。

そろそろ付き合っている彼女とも・・・と考えています。先日3ヶ月ぶりに会いましたが、向こうもそろそろ気付いている感じです。
私としてはもう自分の体を治すこと以外は興味ない感じなので、イチイチ気遣うことや会うための時間を作ること自体がストレスだし、何より相手を放置しっぱなしにすることの罪悪感がストレス。
冷たい言い方かもしれませんが、全ての面倒なことを放り投げたい気分です。
Posted by cyberskirmish at 2007年04月28日 17:26
cyberskirmishさま
うーん,やや厳しい側面を感じます.ただ,私もまったく同じ状態だったので,とても良くお気持ちがわかります.

脳脊症になっての,家族崩壊,離婚,自殺未遂,離職,多くの事例が実際報告されております.私も,一番ひどかったとき,妻に言いました,「無理」って(笑).それまで病気を挟んでの血みどろの喧嘩も辞さないほどの仲の良さ(?)でしたが,それでも,「自分を支えることさえ出来ないのに,嫁を支えることは出来ない」と伝え,「自分のことは自分で処理してくれ,そして俺を使わないでほしい」と言いました.別れてもいいと思って言いました.でも,その時こそ彼女は私を支えてくれました.仕事を8日間も休んで(それも2月に)一緒に湯治に行ってくれました.その後も度々湯治につきあってくれ,細かなことに配慮をしてくれ,結局は嫁がいなくては私はダメになっていたかもしれません.cyberskirmishさま,正直にすべてを彼女に話してみてはいかがでしょうか?きっと求職して病気を治すことに専念した方がいいとおっしゃってくれるのではないでしょうか.そうでない,場合もあるかもしれませんが,何も言わず伝えずでは,どんな形であれきっと悔いが残ります.
Posted by bfcbud at 2007年04月28日 20:19
×求職
○休職
おばかな間違えで,コメント欄を汚して申し訳ないです.(;´_`;)

私はこの4月から復帰しているのですが,やはり復帰早々,社会の流れの圧力に屈しております.(∋_∈)
この流れの中で治療は出来なかっただろうと普通に思いました.やはり責任や重圧,かんじざろうえません.
私たちは男ですから,奥さんや彼女に対しても責任というものを第一に感じてしまいますが,夫婦にしてもカップルにしても義務のために存在するわけではありません.むしろ限りない愛情といたわりの場であってこそと思います.責任や気遣いに追われることよりも,本来のリラックスできる場としての再確認をしてみたらいいんじゃないでしょうか?
確認してみたら違ってた,なんてカップル,私の周りにもたくさんありますけど(笑).
これもケースバイケースです(^_^)b
Posted by bfcbud at 2007年04月28日 20:38
アドバイス、ありがとうございます。
少しずつ私の状態が悪化していることや、現状がどれほど酷い状態なのかは伝えてあります。
相手は結婚適齢期ギリギリといっては失礼かもしれませんが、私に最後の期待をしている感じです。ある意味、死に物狂いなのです。
それが重くて、こんな状態では結婚などできるはずも無く、かといって脳脊髄液減少症の診断を受けて、治療をしてもらえる可能性もまだ不明だし。第一、ブラッドパッチを受けたからといって、症状が改善するかどうかもわからないわけです。

ハッキリ言って責任取れない訳です。

まぁ、1月くらいからほぼ音信普通だったのが、現在は毎日メール連絡できる程度にはなりましたが・・・彼女の人生を考えるとかわいそうで・・・


Posted by cyberskirmish at 2007年04月28日 20:39
以下上記一連コメントの続きについてはcyberskirmish様のブログの方に書きます.

ところで,こちらに一言だけ.
cyberskirmish さまの症状や経過を読んでいると,やっぱり脳脊症の可能性が高そうに思います.RIシンチをやる価値は有るんじゃないでしょうか.漏れ画像はとれなかったけど,早期膀胱集積で判断できたケースの人と良く似ていますよ.
Posted by bfcbud at 2007年04月28日 21:52
こんにちは。
はじめて書き込みします。私は、1年半前にある大学病院でさまざまな検査の結果、脳脊髄液減少症と診断されブラッドパッチをしてもらいましたが、その後一部症状は改善されたものの今だ頭痛と戦う毎日を過ごしています。先日二度目の治療を期待し入院しましたが、RI脳層シンチの結果はっきりとした漏れが確認出来なかったためそのまま検査だけで退院となりました。また数年前の振り出しに戻った気分で途方にくれています。どなたか、アドバイスを下さい。お願いします。
Posted by Q at 2007年05月12日 12:29
Qさま
初めまして

それは,ちょっと大変ですね.
詳しい状況が分からないので,何とも言えませんが(そもそも1回目と2回目のBPが何故1年半もあいているか?などとかも含め),RIで漏れは確認できなかったとしても,早期膀胱集積とかは無かったのでしょうか?

RI検査のために穿刺した穴にもBPはしなかったのでしょうか?もしこの穴にBPをしていなくて,現在一週間以上経過していて検査以前よりも悪化していないのだとしたら,貴方は脳脊症では無い可能性が高いと思います.
Posted by bfcbud at 2007年05月12日 12:45
bfcbud様
早速のお返事ありがとうございます。まずどうして1回目と2回目の入院が1年半もあいているのかについてですが、私の主治医の先生はBPは1回で効くはずだと言っていて2回目のBPは2回目のRIではっきり漏れが確認できた場合のみという方針だからです。
そういうわけでこの1年半の間は、偏頭痛薬や精神安定剤などを処方されていました。ほとんど効きませんでしたが・・・。
あとRI検査のために穿刺した穴は自然にふさがるはずとの説明でそのためにBPするという事はもともとありません。これは1回目も同じ説明です。検査以前より悪化しているかどうかについては、微妙ですが結構具合悪いです。
Posted by Q at 2007年05月12日 15:27
まず「BPは1回で効く」と発言なさった先生は,私の知る限りではあなたの主治医が初めてです.統計的にも1回で効いたひとは2割以下ですから,これは科学的に間違った発言といえます.

脳脊症の人は,穿刺の穴も勝手に塞がりません.塞がるのでしたら,そもそも脳脊症にはならないわけですから.もし悪化しているようでしたら,他の医師にかかることをお勧めします.この病気は研究途上の病気であるため,この病気を専門に研究している臨床医師にかかるのがベストです.脳脊症ガイドライン2007に掲載されている11の病院のうちご自宅から一番近い病院に電話をして予約をとってみてはどうでしょうか?

ところで,早期膀胱集積の方はどでしたか?
また,私の経験上,硬膜再生中に薬を多用するのは硬膜再生を阻害する可能性があると思ってます.
Posted by bfcbud at 2007年05月12日 16:06
私が不思議に思っているのは、私の主治医の先生も専門医で11の病院の中の一つなのに・・・ということです。もちろん学会にも参加されていて論文も発表しています。
早期膀胱集積に関しては、1回目が顕著だっただけに、すごくよくなっています。と言われただけで、全く無かったかは覚えていません。もちろん先生の診断は、なしです。
ところでRI検査の時に髄圧が低いといわれたのですが、漏れが無くても低い事ってあるのでしょうか?
Posted by Q at 2007年05月12日 16:35
なるほど,先生は心因性と考えているのかも?ですね.

早期膀胱集積がみられないようでしたら,髄液漏れはかなり少ない,もしくは,ゆるりと漏れている,という状態かもしれません.
髄液循環は様々なことで阻害されます.ストレスや精神疾患でなることは多いですし自律神経失調症であればなおさらです(あれ?卵が先か鶏が先か???).
低随自体,この脳脊症で言われている以外の原因も多く考えられているようですから,原因は多々あることでしょう.髄液循環が専門の医師にかかってみるというのも一つの手ですね.BPやっている医師に髄液循環が専門の医師って案外少ないですよね.

私も,その辺の区別がつかなくなると嫌だったので,BP2回目以降からは完全に薬を絶ち社会との縁も切って完全にストレスフリーな状態にして生活をしていました.そういった環境を整えてからBP3回目を受けた経緯があります.Qさまの環境はよくわかりませんが,その辺を心がけつつ,どこか別の専門病院でセカンドオピニオンをとってみたらいかがでしょうか?
Posted by bfcbud at 2007年05月12日 17:04
色々教えて頂いてありがとうございました。
実は、山王病院も通院可能な範囲なのですが、治療費が高いので躊躇していました。きっと違った経過をたどっていたでしょうね。今さらですが、数回BPしている人は全員その度にRI検査をしているわけではないのですね。少し考えてみます。
Posted by Q at 2007年05月12日 21:13
私の主治医はRI検査は万能ではないという考えでした.
しかもなるべくならRIをしないほうが,治療そのものには良いという考えでもありました.

私の場合,因果関係がはっきりとしていて問診が全部クロだったので,どうするか?という話になったときRI検査を省いてもらいました.RI込みBPだと3ヶ月後,RI抜きBPなら1ヶ月後にBPができるという事情もありましたが,特例かもしれません.先生が言うにはRIは裁判用には必須であって,治療優先ならRI無しでかまわないとのことでした.3回BPしてあまり良くならないようだったら4回目の前にRIをしましょうという治療方針を1回目のBPの時に説明してくださいました.
医師病院によって様々ですね.

Qさまのお話を聞いているとまだ漏れているんじゃないかな?という感じがします.でも,RI検査の結果が陰性のようですから,積極的に鍼や漢方,接骨院などを活用して,薬もだんだんと減らしていき全身的な体調を向上させて改善を目指すのも良いのではとも思いました.この病気はBPだけでは治りきらない,というのが私自身の経験から言える率直な提言です.いずれにしてもセカンドオピニオン次第かもしれません.お大事に.
Posted by bfcbud at 2007年05月12日 23:10
ブログ拝見。
もうすぐブログ閉鎖されるとのことですが、もし差し支えなければ、DMででも整体院の名前を教えていただけませんでしょうか。

私事、10年前に追突事故に遭い、数年前に脳脊髄液減少症と診断され、BP3回受け、少しずつ回復に向かっていたことろ、昨年、また追突され、諸症状に悩まされている者です。
Posted by atsuo at 2009年01月04日 12:23
こんばんは。ブログ閉鎖されるとのことで、とても残念です・・・。

私は脳脊髄液減少症の可能性があるといわれている者です。bfcbudさんのブログを拝見して、その整体院を教えていただければありがたいと思いました。

図々しいお願いで申し訳ありませんが
メール等でおしえていただくことはできないでしょうか?
Posted by リス at 2009年01月05日 22:53
atsuo様 リス様
 お訪ねいただきありがとうございます。
 重要なことですが、私は整体で脳脊症が治ったわけではありません。それだけはまずご承知ください。
 3度目のBPがヒットし大きく体調が改善し、それでも残った不具合を整体で改善したというものです。
 整体院ですが、私の通っているところの先生は、体調が思わしくありません。それで、その先生の師匠さんが本を書いておりますので、その本のご案内をメールにていたします。巻末にご自身と日本全国にいる(数人ですが)お弟子さんの施術院一覧が載っていますので、ご自宅から一番近いところに通われたら良いかと思います。可能でしたらお師匠さんの所へ行かれるのが良いかもしれません。
 本の内容を読んでちょっとと思われるかもしれません。現代人の常識では想像しかねる治療法です。また私はまだ若輩ものですので、皆さんの方が既にご存じの事もあるかと思います。その場合はどうぞご容赦の程を。

リス様 コメントを書く際にメール欄にメールアドレスをお書き下さい。お返事を差し上げます。
Posted by bfcbud at 2009年01月06日 10:01
bfcbud様

大変ご丁寧にお返事ありがとうございます。
メールでご連絡いただけるとありがたいです。

よろしくお願いします。
Posted by リス at 2009年01月06日 20:37
メールアドレスを入力して書き込んでいるんですが
書き込まれていないような・・・?

bfcbud様、メールアドレスわかりますでしょうか。
Posted by リス at 2009年01月06日 20:43
リス様

大丈夫です。
管理画面のほうにきちんと表示されております。
Posted by bfcbud at 2009年01月06日 21:39
はじめまして。以前から読ませていただいてます。BP3回、まだ体調が良くならない同病の者です。

私も整体についてお尋ねさせていただいてもよろしいでしょうか。手元にある本の先生ではないかと思い、行ってみたいと思っているのですが…。
ぶしつけで大変恐縮ですが、メールアドレス記入させていただきました。
Posted by みりん at 2009年01月07日 15:00
みりん様 ほか皆様

 整体院についてネット上で公開しないことに不満をお持ちの方もおられるかと思います。

 私が通っています所は、広告も社会活動も控えておられるところで、客集めもしておりません。そのため私が勝手にネットで流布するわけにも参りません。ご承知下さい。

 また師匠の施術院にしても、通ってみれば分かりますが、硬派な考え方のある療院です。また、高額ですので、簡単にはお勧めできないところもあります。全てをし尽くしてきて治らなかった人でなければ継続は難しいかと。いくらかの敷居は必要かと思いましたので、メールでお返事を差し上げています。

みりん様
 ご愛読ありがとうございました。
 メール差し上げました。
Posted by bfcbud at 2009年01月07日 17:47
ごぶさたしてます!
快方、うれしく思います!!

私も現在は書くことが無いため、自分のサイトを閉鎖いたしますので、ご報告申し上げます。
Posted by fumoh at 2009年03月02日 18:10
fumohさんじゃないですか。
ご無沙汰です。ありがとうございます。

最近は仕事しているんですよ。この私が。
近所(?)に越してきたので、久しぶりにOFFしませんか?

近いうちにでもメールしますよ。ではでは。
Posted by bfcbud at 2009年03月02日 20:47
いろいろな情報を書いてくださりどうもありがとうございます。とても参考になりました。私はまだ頭痛と倦怠感で日常生活には支障があるのですが、このサイトを参考にしてまたいままでやってなかった治療方法をやってみるなど、もう少し希望をもってやっていこうと思いました。本当にどうもありがとうございます。
Posted by なな at 2012年08月05日 23:54
なな様

コメントありがとうございました。

5年ほど前に数度書き込みを下さったやはり同じ名前の方がおられました。経過が違いますので別人だと思っております。もし違っていましたらごめんなさい。

他のページにもコメントいただき読みました。脳脊髄液減少症の疑いがあるようでしたら、ネット療法を試す前に検査を受けられることをおすすめします。クロであればBPは必要ですし、シロであれば別のアプローチができますから。
Posted by bfcbud at 2012年08月06日 07:56
コメントいただきありがとうございまず。
私の場合はMRIで脳脊髄液減少症の可能性が高いといわれました。ただ、腰椎穿刺をしても必ずしも白黒ははっきりつくとはかぎらないと聞いているので、今のところ腰椎穿刺はしないことにしました。BPも必ずしもターゲットの場所に打つものでもないので(本当は首からもれてるのに一回目は腰に打ったり)今のところ、どうも気乗りしません。
ただ実際につったっているとダメで横になると大丈夫ですし、ネットで脳脊髄液減少症の方がなさっていることをやってみると改善することが多いので、BPをしないで地味な方法でも症状が改善したらいいなと思って、ビオチン療法も試してみようと思っています。
本当にlありがとうございます。
Posted by なな at 2012年08月07日 14:33
 MRIにしてもミエロにしても不確定な要素が大きく、結局はRIシンチをやって24H残存率をださないと、分かりません。問題なければ、自然とふさがりますし、問題があれば現状ではBP無しでは治り得ないと私は思います。

 ビオチン療法ですが、少し勘違いされているかもしれませんが、主として汗疱対策で私は飲んでおります。副次的な効果として、極微小な硬膜破損修復を期待しているだけでなんの根拠もありません。ただ、コラーゲンとか卵白を食べなさいなんて言っていた頃に比べたら全然良い効果があるんじゃないかと思っています。

 脳脊髄液減少症を発症するような状態では私の雑感ですが、硬膜には結構大きな破孔が出来ているんじゃないかと思います。それでBPが上手くあたった時に一気に回復するんだと思います。
もともと皮膚が弱くてビオチンを飲むわけですが、そんな破孔を修復できるほどにはならないと私の経験から思います。なぜならビオチンを8時間毎に摂取し続けて3年以上たちますが、まだ私の指は一進一退を繰り返しているような状態で、普通という状態にまでは到達し得ないのです。

体全体が年々回復しているのは根本的な整体治療によるもの、ビオチン療法はその間の対処療法に過ぎません。ビオチンを試されるのも良いかとは思いますが、ビオチンで塞がった分は、ビオチンを止めるか体調悪化とかで、また穴が空いてしまう可能性があり、根本的な解決にはいたらないかと思います。ビオチンを摂取するのでしたら、その間に行う根本的な解決に向けたスキームが必要です。
Posted by bfcbud at 2012年08月07日 17:20
コメントいただきありがとうございます。
腰椎穿刺およびBPもについては引き続き悩もうと思います。
ビオチン療法については了解です。私はこれまでも、頭痛や倦怠感に直接結びつかないような、他の症状を改善しようとして何かするたびに、頭痛や倦怠感も改善したという経験があるので、(便秘解消のため青竹踏みを踏んだり、目がほとんどあかなくなったのでコルギを受けたところ、その症状の改善どころか、寝たきりを脱出し、何とか復職しました。)私は乾癬があるのでビオチン療法も試してみようと思った次第です。
今までもこの五年くらい色々な療法を試して、うまくいったりいかなかったりは慣れているので大丈夫です。
ところで、大変心苦しいのですが、通っていらっしゃる整体に関する情報を頂戴してもよろしいでしょうか?公開したくない旨、別のコメントを拝見しましたので、メールをいただけると幸いでございます。
恐れ入りますがよろしくお願い申し上げます。
Posted by なな at 2012年08月08日 12:37
おそれいります。さきほどのコメントでは、メルアドに誤植がございましたので、もう一度送らせていただきます。こちらでお願い申し上げます。
Posted by なな at 2012年08月08日 12:41
なな様

メールにご案内をお送りしました。迷惑メールフォルダに入ってしまうことがよくありますので、そちらもご確認下さい。

よろしくお願い申しあげます。
Posted by bfcbud at 2012年08月08日 15:33
「脳脊症と狭窄症」についてコメントします。
私は20年来頚部痛持ちでしたが、ムチ打ちとして処理されてきました。治療は受けていません。

痛みが辛くなり・・・
2012.10.1 奈良県立医大を受診。担当医師の結論は「あなたは低髄ではない、電車に乗って来院できるから」「MRI検査は他の施設でを受けてほしい」との事でした。
どうやら低髄のみ対応。減少症や漏出は不可としている。
2012.10.16 MRI造影検査を頭部・頸部に分けてある病院で実施。所見は小脳扁桃の下垂はequivocalで、頚部c3〜c6レベルで脊柱管の軽度の狭小でした。
2012.11山王病院でのMRI画像診断は頚部にヘルニアありでした。

昨日のEBP直後から痛みが吹っ飛んだのですが、ヘルニアはヘルニアなので、また痛むのでしょうか?
担当Drに聞いてみたいと思います。
Posted by ハロハロ at 2012年12月05日 07:40
はじめまして。
ごあいさつが前後いたしました。ハロハロです。
有り金かき集めて東京に来ました。
昨日RI残存率が25.2%と判明、EBPを注入しました。

脳脊髄液減少症のことや社会復帰のことが知りたくてこちらにたどり着きました。

明日から年が明けるまでは自宅ですごします。
特にEBP直後の安静期間のすごし方が気がかりです。
アドバイスいただけましたらうれしいです。


Posted by ハロハロ  at 2012年12月05日 08:24
ハロハロ様

EBPの安静期間は人それぞれですが、最低2週間は寝たきりだったかと思います。
ただ、私の場合は、半年くらいたたなければ、炎症がひきませんでした。

なるべくゆっくり過ごしておりました。

ヘルニアとEBPの因果関係に関してはすみません、まったく知見がございません。

ヘルニアもただたんに頚椎がずれるということなら、通常起こることです。適切な治療を受ければ治っていくはずです。
そうではなくて、軟骨が潰れて内部が飛び出したりとかですと、簡単には行かないかと思います。
Posted by bfcbud at 2012年12月05日 19:06
bfcbud様

コメントありがとうございました。
昨日のEBP直後から頚部痛がすっかりなくなり、眼がはっきり見えているのには本当に驚きます。しかし、以前から眼に不快感があったわけではなく、頚部のヘルニアが消えたわけではないはずです。
この実感は治療による興奮状態の錯覚かもしれません。私の主症状は疼痛とめまい・耳鳴り・気分変調です。
これらが改善するかを今後見極めます。
思い切って治療を希望したことは満足しています。

明日予定通り退院します。炎症とか、生活上の制約とかわからないことばかりで不安です。でも治療の後戻りはできません。治療を続けるか止めるかの選択ですが、困ったときは質問していいでしょうか?

PS
この間20年以上毎日の水分量はお酒以外で4L以上でした。
自分の身体が乾いていくから飲み続けてきました。
この機に、この変な体質も改善したいです。

ブログを残して置いていただいてありがとうございました。感謝しています。
Posted by ハロハロ at 2012年12月05日 21:56
bfcbud様

こんにちは。初めてコメントさせていただいています。

少しずつブログを拝見しました。貴重な情報を本当にありがとうございます。bfcbud様のご回復、励みになります。

私は脳脊髄液減少症の疑いありとのことで、検査ができる病院の診察待ち中です。特に自律神経系の症状がなかなか改善せず、自分に合った治療法を模索・試行しています。

そこで、ぶしつけで大変恐縮なのですが、bfcbud様の整体院やお師匠様の著作について教えていただくことはできますでしょうか?(メールでご返事いただけますと、非常にありがたく思います。)突然のお願いで申し訳ありませんが、ぜひよろしくお願いいたします。

寒い日もまだまだありますので、bfcbud様もどうぞご自愛くださいませ。
Posted by cana at 2013年03月12日 07:31
Cana様

お返事メールに差し上げました。迷惑メールフォルダなどもあわせてご確認下さい。

よろしくお願いいたします。
Posted by BFCBUD at 2013年03月12日 10:13
bfcbud様

はじめまして。
脳脊髄液減少症関連で調べてこちらに辿り着きました。

ブログ閉鎖との事で、もう管理人様はこちらを見る事はないのでしょうか?

色々な整形外科、接骨院、鍼灸など
色々な治療法を試みてきましたが一向によくならず
疲れ果てたところに管理人様のHPを見つけました。

「整体治療1年間」のページで書かれているように
管理人様の奥様と同じような身体的特徴とドキドキ感にすぐなります。

もし、差し支えなければ管理人様の通われている整体院を
教えてはいただけないでしょうか?

ちなみに、別のページで書かれていた
「バキバキする整体ではない」との事ですが
そこが一番、お願いしたい部分です。

何せ、近所の接骨院の院長に治療の仕上げに
不意に首をグキッと回され、
その日は夜猛烈なめまいと吐き気で眠る事も出来ず
その上、足先がチリチリと神経が痺れるようになって
それを鍼灸の先生に治してもらった経験があります。
その時は、本当にこのまま死ぬのかと思いました。
それ以来、「整体は怖い」と思うようになりました。

Posted by たぬぽ at 2013年12月16日 16:13
たぬぽ様

ご訪問ありがとうございます。
分け合ってこのブログは放置しております。

整体院の紹介は、いささかトラブルがあってから、きちんとコミュニケーションの取れる方以外には紹介をしておりません。

整体ですが、仕上げのグキはこちらでもあります。余技なので、しなくてよいのですが、やはりやります。下手な人がやるとたぬぽさんのようになりますね。上手な人がやるとそうはなりません。下手な人というか、根本的にやり方が間違っているんだと思いますが。

前にもやはりグキが嫌でという人がいました。その方は今も通ってはいますが、自分のやり方をとおしたいものだから、良くなりきっていませんね。

どうしますか、もしそれでもとおっしゃるなら、初期連絡のご案内メールをメアド宛にさしあげます。

ご考慮ください。
Posted by BFCBUD at 2013年12月16日 16:31
bfcbud 様

お忙しい中、早々にお返事いただき
本当にありがとうございました。

体調ままならぬ苦しい状態の人間の気持ちを
よくわかっていただけるお心に
大変、嬉しく思いました。

そうですね。
ネットでは顔の見えない
どこの誰だかわからない者からの訪問がありますものね。
色々とわずらわしい事があるかと思います。

丁寧にお応えいただき、本当にありがとうございます。

そちらの先生の所でも、首のグキッはあるのですね…。
上手な人ならば、苦しい事にはならないとの事…。

それと、グキッの省略をされている患者さんは
治りの進展がかんばしくないのですね?


どうしようかと散々、考え
よくよく考えてから、お返事しようかと思いましたが
やはり、あの時の苦しみは忘れようがないので
申し訳ありません。
他のところを探してみます。

管理人様、わざわざ時間を割いてくださいまして
本当にありがとうございましたm(__)m
Posted by たぬぽ at 2013年12月17日 23:10
たぬぽさま

承知いたしました。良いところが見つかり治られることを祈っております。

グキを省略している方の治りの進展が悪いのは、省略していること自体が原因ではありません。
自分の都合を通し過ぎて、治療間隔が空けすぎたり、先生の言うことが耳に入らず、施術後や生活改善の重要なアドバイスを実行できていないのが原因かと思います。

聞きたいことを聞くだけで、本当の意味でのコミュニケーションをとる気が無いところが良くないのだと思います。
Posted by BFCBUD at 2013年12月18日 00:01
bfcbud様
はじめまして。
閉鎖されたブログへのコメントをお許し下さい。

いろいろと調べているなかでこのブログにたどり着きました。

私は長年不定愁訴に悩んでおり、8年前にBPを1度行いました。ただ、その後の経過で脳脊髄液減少症ではないのではないかという主治医の判断になりました。

BP後、様々な代替療法を試しましたところ、整体やカイロが一番効果がありました。

ですので、今ではおそらくそちら方面からのアプローチが回復への道ではないかと考えています。

ところが、今まで通った治療院では、最初は効果があるのですが半年から1年経つと少し良くなったところで頭うちになっています。

治療院へのご紹介は脳脊髄液減少症の患者さんのみとコメント欄で拝見しましたが、もしよろしければbfcbudさんの通っておられる治療院のお師匠さんの書かれた本の名前を教えて頂くことはできないでしょうか。

地方在住のため東京に通うことはできませんが、今後の治療のヒントを探しています。

どうぞよろしくお願いいたします。
Posted by jj at 2015年06月05日 18:46
jjさま

いただいたメールアドレス宛にお返事差し上げます。迷惑メールフォルダーなども参照さくれてください。
Posted by BFCBUD at 2015年06月06日 15:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。