2007年03月02日

脳脊髄液減少症の本〜その2〜

低髄液圧症候群―ブラッドパッチを受けた人、または、これから受ける人へ低髄液圧症候群―ブラッドパッチを受けた人、または、これから受ける人へ
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 低髄液圧症候群―ブラッドパッチを受けた人、または、これから受ける人へ
[著者] 吉本 智信
[種類] 単行本
[発売日] ..
>>Seesaa ショッピングで買う


amazonに写真が無いのでアップします。
SA410135.jpg
その1で少し紹介しましたが、吉本医師の書いた疑問派の本です。

 この本と医師は大変な曲者であります。
まず、この本が、自動車保険ジャーナル社の「精神医学と賠償シリーズ」として発行されていること事態に疑問をいだきます。
 _, ._
( ゚ Д゚)なぜに精神医学?

 かつて、いや今もかもしれませんが、脳脊症の患者は精神病扱いされてきました。つまり詐病として保険会社には扱われていたのです。
 吉本医師は現場派の脳神経外科医でもありますが、保険会社御用達の医師でもあります。吉本医師は、脳脊症の存在を理論的には認めるが、実証的には認めないというスタンスで執筆されているようです。学問的にこの病気は存在するが、実際の患者は存在しないというわけです。机上ならぬ臨床上の空論だよと指摘している感じですね。

 ただし、この本を読むことによって、篠永医師ら肯定派グループの先生たちにも不備があることがわかります。例えば、画像検査については、この本を読めば1次現象をとらえることはほぼ不可能ということが科学的に理解できます。
 この病の権威であるMokri医師の論文でも明確な1次現象画像(髄液漏れ箇所の画像)は撮られていません。篠永医師らが髄液漏れとしてきた画像の数々は、ここで指摘されている髄液検査の際に発生するエラー画像とそっくりで、しかも腰に集中しています。そして、実際ブラッドパッチは、腰ではなく、首にしたときにほとんどの患者さんで大きな効果がでていますから、損傷部位を画像で捉えることは、本当はできていないと言ってよいと思います。これは以前書いた、首からの漏れが多いというエントリーとも通ずる内容です。
 ちなみに2次現象については、画像なり検査結果を得ることが出来ます。例えば、髄液圧の低下、MRI頭部矢状断面画像による脳の沈下など。ただしこれらは、硬膜に穴があるせいで髄液が減少して発生しているのか、髄液循環系に異常をきたしているために発生しているのか、区別はできません。

 この本は、全体を通して、建設的な意見が少なく、保険会社の事故担当者が、保険金支払いを回避するための資料と論説がてんこ盛りという感じです。ただし、無理に反論している部分もあるので、どこかに論文として投稿しても受理はされない、というレベルです。

 患者さんが読むと大変不快感を感じ、本を閉じたくなるのではと思いますが、それでも一読あるべき本だと思います。
posted by bfcbud at 12:10| 東京 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 関連本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。初めてコメントさせて
もらいます。

私も今までに2回のBPをして、現在は経過をみている
この病気の患者です。

私の周りにも、BPをして悪化された方もいて
BPして悪化する事があるのも、1つの
真実だと最近感じています。
また漏れの部位の確認も、同じ画像を見ても
診断が医師によって様々なので、それにも
疑問を感じています。

私もBPを受けた事がある身なので
何とも言えませんが、この本に興味を
持ちました。教えていただきありがとう
ございます!
bfcbudさんも、お大事にしてくださいね。
Posted by なな at 2007年03月05日 16:07
ななさん
こんにちは。はじめまして。

 この本、基本的に嫌な奴が書いていると覚悟して読まないと、イライラして最後までよめません。━ヽ(・ω・´ )ノ━!! 落ち着いて、冷静なときに読まれるのが良いと思います。
 この本の著者は、自分では何も臨床実験をしていないので、他人の書いた論文を引用して書いています。引用先の論文はしっかりしていて信用できますが、この人の感想とか論説はめちゃくちゃです。保険会社側えこひいきって感じで。その辺は読み飛ばしてもいいくらいです。


 同じ病気で苦しんでいる方がたくさんいらっしゃると思います。
 私も一時は副作用のひどさと治り具合の悪さから、もう死んでしまいたいと何度も思いました。
それが、今はベンチプレスで筋力をつけるところまで来ています。
Posted by bfcbud at 2007年03月05日 20:13
こんにちは。お返事ありがとうございます!

私も闘病4年目になりますが、ネットなどで調べるともっと何十年も、この病気で苦しんでいる人がいるので、本当に驚きました。

dfcdudさんは、今ではだいぶ回復されている
様でなによりです。
私はまだ薬に頼る日が多いのですが、回復されて
いる方のお話を聞けると、すごく励みになります。

本の件、詳しく教えてくださってありがとう
ございました!
またブログ、見させてもらいますね。

Posted by なな at 2007年03月06日 11:17
bfcbudさん、ごぶさたでっす★

まるほど、確かに胸くそ悪くなりそうな
本ですな。
bfcbudさんが書いたように保険会社の支払い
回避のためか、あるいは単なる偏った医師の
○○か、でも何にせよ、「本」というかたちで
出版されると(どんな駄文でも、こちらが
きちんと反論の論理武装をしないと)保険会社が
「後ろ盾」として使えてしまうところに、
憤りを感じますな!
Posted by fumoh at 2007年03月06日 14:31
なな さま

再訪問ありがとうございます。
闘病4年目ですか!
ご同輩ですね(^^)

私も、1年間はずっと薬を毎日飲んでいました。痛み止めや筋肉弛緩剤など3種類くらいです。でもある日、ぱたっと止めました。止めてもちろん苦しいのですが、ただでさえ自律神経失調症なのに薬でぼやかしていたら、どんどん体が自分のものではなくなってしまうようなきがしてしまったのです。BPしてからも、ひどくなったときに抗ウツ剤とかも処方されたりしましたが、すぐやめてしまいました。かわりにやったのは温泉療法です(^^)。湯治です。これはよくききました。1週間とか1ヶ月とかまとまって集中的にやるのポイントです。良く眠れるようになり、気も楽になりました。
Posted by bfcbud at 2007年03月07日 21:47
fumoh氏

おひさしぶりです。
そう、そうなんだよね〜。
これ読んで、ああ、今後は裁判で勝訴勝ち取るのは
難しくなるだろうなー、って思いました。

こう両極端じゃなくて、
中庸な感じの本をだしてくれないかと、
思ってしまいます。(´・ω・`)ツ
Posted by bfcbud at 2007年03月07日 21:50
はじめまして。

疑問派医師は疑問というのなら、代わりの診断法や治療法、早く開発して患者を救ってほしいです。

それもしない医師の本は読む気になれません。

脳外科の手術だって、心臓の手術だって、悪化して亡くなる方さえいるのですから、どんな方法にも、悪化する人は必ず出現するものだと私は思っています。

はじめて来て、いきなりいろいろ書いてすみません。

Posted by ゆめ at 2007年03月28日 09:31
ゆめさま

ご訪問ありがとうございます。
同病のかたがおとずれていただけるのは大変うれしいです。
私は4月から復帰予定のため今は忙しい毎日をおくっております。

この本を読めるようになったのも、さいごのBPをしてから、4ヶ月もたってからでした。そのとき、私もゆめさんと同じような感想を持ちましたよ。と同時に学界にはこういう人「よくいるいる」なんて思いました(笑)。医療は学問であり現実であるのだから、医師がみんな学際的な人であって然るべきと思いたいところです。でも現実は、日本人の医師はどちらかに偏る傾向が強くてよくないですね。
Posted by bfcbud at 2007年03月28日 13:18

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。