2007年04月25日

交通事故で冷え症に?

最近いろいろな方の交通事故ブログを見ています.
その中で長期間不定愁訴に悩んでいらっしゃる方の症状に,
それは冷え症の症状と一緒だ!
というものが多く見られます.

私は,脳脊症がほとんど治癒した段階で,
事故の時から始まった指の皮むけが全然治らない状況を見て,
漢方の先生のところに行きました.

漢方の先生の見立てでは重度の冷え症になっているということでした.
冷え症で血が巡らず指の表面まで血液が循環していないことが,
皮むけの原因でした.もちろん冷え症ですから,
皮むけにとどまらず全身に悪影響を与えていました.
腰痛や背部痛,頭痛,鼻炎,筋肉のこりなどすべて関与しているとのことです.

皮むけ自体は中学生のころ年2回くらい(1回1週間くらい)あったりなかったり,
また慢性鼻炎症でしたから体質として冷え症の素質はもっていたようです.
ですが,高校生の頃は冬山登山をしていたため,
寒地訓練を旺盛にこなし相当な薄着でも大丈夫になり皮むけも長い間ありませんでした.
それが,交通事故を境に3年間ずっと皮がむけ続けるような,
重度の冷え症になってしまいました.
その原因はこんなことではと私は考えています.
・事故に遭うと一時的にでも寝たきりになり筋力・代謝能力低下
・なんでも体を動かすのがおっくうになってしまいさらに筋力が低下
・結果動物としての活性度が落ち冷え症に・・・・
私の場合,脳脊症でさらに寝込んでいたので,よっぽどひどいことになってしまったのでしょう.

人それぞれでしょうから,判断はむつかしいでしょうが,
知らないうちに事故で冷え症になった,またはひどくしてしまった人は結構な数存在するのではと思っています.


 余談ですが,
私は子供の頃,夏冬関係なくお外で馬鹿丸出しで遊び狂っていました.
イコールよく体を動かしていたということなのですが,
大人になるとあの頃ほど体を動かさなくなりました.

接骨院に来ている大人のほとんどは,
体を動かす機会が無くて筋肉が固まってしまった現代病の人たちです.
最近その仲間に小学生たちが大挙参加してきています.
年齢は10歳でも体は60歳!実際にそんな子が本当に増えています.
原因はお外で体を動かして遊ぶ事が減っているため.

私は子供の頃は体が楽に動いてよかったなー,などと思っていたのですが,
子供でも体を良く動かしてないとダメなのですね.

最近の子供らの不遇を思いつつも,
年を喰っていても,体を動かせば
自分の体調を良くできると希望をもっています.
posted by bfcbud at 10:17| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 交通事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。