2007年06月01日

忘れないうちに

午後になって天気が良くなると魔法のように,頭痛と吐き気がなくなりました.
頭の中にはもやが残っています.おもいっきり典型的な脳脊症の症状変化です.
はっきりとしたものは,この2週間で3回目です.
実は4月にも数回,天気と連動してクラクラすることがありました.
あまり強い症状ではなかったのと,筋緊張性のものとの区別がつきがたかったので,きには留めていなかったのですが.

しかし,おかげで,調子が良くなり外に出られそうだったので,接骨院まで車で行ってきました.
院長先生に診て欲しいとお願いし,久しぶりに診察してもらいました.
椎間の拡大(椎体は間違えでした)については,全く元に戻っていませんでした.
筋肉の凝りは改善していて紫斑が出なくなっていました.凝りはよくなっているのに症状が強くなっている以上,筋緊張性はシロです.首の筋肉も問題がありませんでした.
椎間拡大による髄液循環阻害か脳脊症のどちらかが原因ということになります.

接骨院では今後集中的に椎間の施術をして,これが原因となっているかもしれないという可能性を潰すことにしました.
脳脊症の可能性については,専門ではないのでわからないとなりましたので,来週急遽,かかっていた専門病院で診察を受けることにしました.

感じとして十中八九,治療がまだ足りなくて,気圧変化の激しいこの時期になって発現してきたのではと,推測します.
以前は,ずっと頭にもやがかかっている状態だったのですが,今は頭の中でもやが飽和しているという感じです.

こんな状態で身を慎んでいなかったとは,バカですね.
posted by bfcbud at 17:35| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳脊髄液減少症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。