2007年06月25日

数日のログ

.JPG

ここ数日の気圧(左軸),勝手な体調指標・5時間平均の気圧変化率(右軸)をグラフに起こしてみた.

体調指標は,次のような基準で数値化しています.

0 何も無し
1 ぼーっとする
2 重だるい
3 2+ 頭がずきずきorクラクラする
4 はっきりとした頭痛orめまい
5 頭痛+吐き気
6 5+ 目の奥の痛み+フラフラ
7 ガンガン頭痛
8 寝込む

ログをとりはじめてから,今のところ4以上は発現していないのでグラフの指標値は5までになっています.変化率はプラスになればなるほど,気圧傾度が下がっている方向に増角していることを示し,マイナスはその逆を示しています.

みたままなのですが,特徴がふたつあります.
・絶対気圧が1005hpa以上なら調子がよい
・1005hpa以下で変化率が 0.6hpa/h を越えると1〜2ほど体調指標値が悪化する

1005hpa以下のときは,体調指標が1まで良くなることはほとんどありません.この状態で梅雨時の激しい気圧変化を受けていることがグラフからわかりますが,その結果,指の皮むけが再開しました.今のところ4本やられております.2月中ごろからずっとなかったのですが,きましたねぇ〜・・・・・.皮むけが始まると家事も出来なくなるのでつらいです.




posted by bfcbud at 12:44| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 脳脊髄液減少症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。わたしも同じ病気で、現在入院中です。
ブラッドパッチも今日4回目をします。2回目、3回目と効果がなくて、そのまま入院が長引いてしまいます(;_;)有効な治療がEBPだし、薬はないし、鎮痛剤まったく効かないし‥‥‥‥(T_T)
なかなか理解されない病気だけど、お互い負けないように!
また遊びにきますね(^Q^)/^
Posted by ちぃねぇ at 2007年07月03日 05:05
ちぃねぇさま
こんにちは.こちらこそ,はじめまして.ご訪問ありがとうございます.
まさしく,今日,なんですね.がんばってください(^ ^).
私は1・2・3と腰・胸・首,とやってきたのですが,来月の4回目がどこになるのかと,今から考えてしまっています.

> なかなか理解されない病気だけど、お互い負けないように!
そのとおりですね.お互いがんばりましょう.

 ちぃねぇさまのブログに訪問しようとしたら,PCからでは見ることが出来ないようで,アメブロモバイルのトップページにまわされてしまいました.
ちぃねぇさまのアメブロIDで検索したらヤフーブログのほう(本家?)を見つけましたので,そちらを読まさせていただきました.
 ほぼ10年にわたる苦労,お察しいたします.今も入院が二ヶ月の長きに渡り,お疲れのことと思います.このパッチで退院でることをお祈りいたします.腰へのパッチで治りがたい患者が,首へのパッチで飛躍的に良くなる例が最近増えています.希望を持って良いのではと個人的に思っています.
 ただ,効果がはっきりするのはパッチ後1〜2ヶ月後のようで,人によっては半年ほどかかるようです.ちぃねぇさまの先生はちょっとパッチの間隔が短くて,びっくりしました.BP治療が始まったばかりの頃はそういう連続パッチがよくなされたそうで,人によっては合計18回もこなした方がいます.でもそのころの経験のおかげで,連続パッチはあまり効果が無いことがわかり,今は間隔空けて施術するのが通常です.1〜3回目は2〜3ヶ月間隔,4回目以降は半年間隔でパッチするというのが,熱海の篠永先生や山王の美馬先生の考えです.私の場合は,1-2回目が3ヶ月,2-3回目が7ヶ月,4回目予定通りに来月に施術すれば3-4回目は13ヶ月です.もっとも私の体は反応がとても敏感で,そのうえ皮膚や粘膜が弱くて薬が使えないので,3〜6ヶ月位またないと炎症がおさまならないようです.

PS・・・頭痛のとき市販薬のイブをためしてみてください.何故か脳脊症の患者で効く方が多いそうで,私も愛用しております.
Posted by bfcbud at 2007年07月03日 09:18

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。