2008年02月13日

その後の整体につき

1月に接骨院を止めて整体を始めたことを書きました.

その後ですが,実に順調です.
最初の3回の施術は2日おきとかなり短い間隔でしたが,その後は1週間弱→1週間→1週間強程度とだんだんと施術期間を広げております.

肝心の施術ですが,難しいことをしているわけではありません.私の場合はこうでした.最初の診察で言われたことは,骨盤の右側が上に傾いているということでした.骨盤の右の位置が高いことは接骨院でも指摘されていましたが,だからといって何もしてはくれていませんでした.そして,骨盤の右が上に来ると上半身が左に倒れそうなるので,それを防ぐように右肩がさがります.右肩が下がると今度は頭が右に傾き倒れそうになるので,左の首筋の筋肉でひっぱって頭を左側に傾けます.うしろからまっすぐみるとそのぎくしゃくとした傾きのせいで脊椎ががたがたになっているのがわかるということでした.実際に指でなぞって教えてくれました.

こうなるとあちこちで筋肉が張り強ばるので,主に背中の筋肉が痛くなり疲れ背中がまるまります.そうすると内臓主に肝臓や腎臓・胃腸が圧迫されて排出系統や解毒機能が衰え,疲れやすくいつもお腹が張っていて気持ち悪いような状態になります.

この先も解説は延々と続くのですが,要は土台が狂っているのでアカンということでした.狂った原因はもともと私が持っている体のずれが交通事故で一気に加速されたこと,また脳脊髄液減少症で自律神経が狂わされたためだろいうということ.また整形外科医やその他病院で多量の鎮痛剤等を投与された結果,肝臓が相当に痛めつけられており,姿勢からくる物と合わさり大変に内臓が弱っているとの事でした.

そうじゃないかな〜と思っていたことを的確に説明してくださり,その説明された箇所を先生は次々と不思議な方法で施術していかれます.30分強で施術が終わるとあれ不思議,痛いところが一つもなくなります.翌日になるとまた不具合がでますが,それも次回の施術でとれます.毎日の生活でくるいつつも体の修正が続けられ,日に日に背中がまっすぐに立っていきます.

何よりも一番驚いたことは施術を受けたその日から疲れにくくなったことです.物理的に肝臓が圧迫を受けていたのが解放されたためだそうです.

この先生は脳脊についても大変詳しい知識を持っておられ,どうも脳脊患者の開いた穴がふさがらない原因は,事故に付随する体の弱体化(主に内臓・免疫系)から来るものではという考えを持っておられるようですが,この辺のことは証明が難しいことと思います.
いずれにしても△な検査結果のために,長期経過観察状態になっている私にとっては,とても有り難い先生にお会いすることが出来たと思っております.

施術を始めた1月は仕事があったのですが,だいたい1週間分の疲れで,昨年11月の1日分の疲れと同じ,という感じになりました.これは疲れやすいがゆえになかなか本格復帰ができなかった私にとって,目から鱗もの現実でした.
posted by bfcbud at 14:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | リハビリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。