2008年08月22日

ええ

きのう、修理に出していたノートパソコンがやっと帰ってきました。

 無線LANが壊れてしまい、そろそろ保証も切れちゃうからと、仕事で使っているにもかかわらず旧機のデスクトップで我慢することにして、8/7に送り出して14日間・・・長かった。。。
なんでそんなに長いのとおもったら、なんと無線LANだけでなくマザボとFANも交換になっていました。( ; ゚Д゚)
 排熱がおいつかずに焼き切れていたんですかね、もしかしたら。
結構重症だったみたいです。でも帰ってきてよかった。

 ところで、仕事って書きましたけど、自営業をはじめました。ほんとはアルバイトがいいんですけど、仕事をくれていた事務所が廃業してしまい、自分で事務所を作らないと仕事できなくなってしまい、やむなくです。今、嫁に青色申告のために勉強をしてもらっています。☆(>ω・)アリガd♪

 学校も行こうと思ってたんだけど、生活優先になってしまいました。
でも久しぶりに本格的に仕事を再開し、体を社会ベースで動かしてみると案外いけるものです。
まだまだ肝臓や腎臓あたりが痛くて、無理すると背中に来ますが、それは週1の整体矯正でなんとかなっています。
 今日もその整体の先生の所に行っていたのですが、まだ週1ペースのイワユル症状の悪いほうの部類のままなんだけど、それでもだいぶよくなってきて、「悪いところと痛みがちゃんと連動するようになったね」と言われました。脳脊症のおそろしいところは、痛みが多すぎてもうなにがなんだかわからなくなり、自律神経失調症におちいってしまうところ。今年の夏は汗もきちんと出ました(まえは汗がほとんどでなくなってました)。それも気持ちいのいい汗です。それに、食べて寝て仕事をして、それぞれにたいする体の反応がまっとうになってきた感じがしていました。
 この半年くらい、なんかあっというまでしたけど、本当に随分とよくなったなと実感しています。


 振り返ってみるといろんな治療をしてきましたが、その結果効果が

 ・あった・・・BP、整体院

 ・無かった・・・整形外科、漢方、接骨院(追記・・・効果がゼロとうわけではなく症状は緩和しました。でも、ずっと続けても治療にはならず、中断すると元にすぐ戻るという結局は意味の無い療法でした)

 ・よくわからん(けど助けにはなったと思う)・・・サプリ、鍼

でした。
健康保険を使った治療がどれも効果がなかったところが、なんとも言えません。健康保険税を払う意思がとても萎えました。(^−^)
posted by bfcbud at 20:45| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月13日

なんか・・・

なにか、急に子猫が巨大化してきたこのごろです。
もう2キロくらい?
きたときの4倍くらいですね。

大きくなってきて特徴がわかるようになってきました。
どうやらノルウェージャンかメインクーンらしいのですが、どっちにしても巨大猫化はさけられそうもありません。

ほんとおっきい。


最近ですが、ビオチンをのみはじめてから手のほうは調子が良い。
あいかわらず、腎臓と肝臓がくるしい。
頭痛はほとんどないが、花粉症からくる頭痛はどうしてもあります。
いま一番苦しいのは花粉症。
イネ科だとおもうのですが、やなかんじです。
そろそろブタクサもやってきますが、ブタクサは本当につらい。
花粉にやられると肝臓がフル稼働し、疲れる。
腎臓もやるきを失う。
背中がいたくなり姿勢が狂う。
それでも仕事して(生活のために)、脊椎がずれる。
休んで戻す。
みたいなことを4月からずっと繰り返しています。

全体としてはUP傾向ですけど、はやくなんとかなりたい。
posted by bfcbud at 07:03| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月20日

ひぐらし

今年、初ひぐらし。18:40。
昨日まで、暑くて暑くて、でも風がなくて、ちっとも涼しくなくてクーラーばかりでした。

今日は朝から緩い風がふいていました。日中はプールに出かけ、帰ってきて窓を開け放して風をいれていました。
夕方のこの時間、涼しい風が吹き、とほくに、ひぐらしの鳴く声が聞こえています。

今日は旧暦の6月18日です。あと10日少しで夏が終わります。夏の終わりに鳴くひぐらし、まさにそのとおりなのです。


4日前、
兄が亡くなりました。
あの日は、あついアツイ夏の真っ盛りのなかで、ちょとだけ雲が出て涼しかった、そんな日でした。
あともう少しで季節が変わったのに
そしたらまたちょっとちがったんじゃないのかね。どうだろうね。。。
posted by bfcbud at 19:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月27日

世の常

上を見ればキリハナシ
下を見ればキリハナシ

というけれど
今の状態に満足できないのは何故だろう?

それは健康じゃないから?

-------------------

6月の2週目から体調不良ということで
ほぼ一切このことを休んでいます。
皮向けはちょっとだけおさまってきましたが、
背中はあいかわらず痛い・・・

こういう休んでいるとき、
結局気になるのは他人のことだ。

以前は休むといってもとても休める精神状態ではなかった。
今は、昔に比べればだいぶ休めるようになった。
けど、眠れて禿げなくて済むようになっただけで、
50歩100歩かなという感じもする。ハンセイ(+o+)


話は変わって、我が家に子猫さんがやってきました。
まだ生後2か月のやんちゃなお姫様です。
20080615 103143s.jpg
6/12にやってきて今日で半月。
みるみると大きくなり今は1キロ手前で、ちょっと足踏み中。

先住猫が亡くなって当分はと思っていましたが、
猫が家に居るのと居ないのでは、やはり全然違いました。
posted by bfcbud at 18:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月07日

韓ドラ・・・再び

我が家のにゃんが亡くなる前日。
猫は入院しており、手すきにはなったはいいけど
心ここにあらず、なにもできることもなくという感じで、
ぱちぱちとテレビをいじくっていたら、
残りもう半分くらいの時間になっている台湾ドラマがBSJAPANでやっていました。
中国語が聞けるしとおもってつけておいたら、そのまま次は韓ドラが始まり、びっくりするような厚化粧+おばさんパーマの主人公がでてきて、えぇぇ!何事ぉ!と思い、面白くなかったらすぐチャンネルを変えようとリモコンを握ったまま、あっという間に1時間が過ぎてしまいました。

おもしろすぎでした。一瞬でしたが、暗い雰囲気に沈んでいた我が家が明るくなりました。「タルジャの春」というドラマの第7話でした。その後3週みてから、以前CSで放送していたものを借りて全部見てしまいました。

まだ冬ソナがブレイクする前、MXTVの韓ドラ枠を見ていて、韓国ドラマの楽しさは知っていたのですが、あれから5年以上・・・・・韓ドラは確実に進化していいました。

 タルジャは30代独身OLで、基本的に三角関係的ラブコメ展開なのですが、バツイチや不倫と言った要素をいれつつ、愛するということについて、リアルに突っ込んでいきます。
これを演じているのがチェリムさんという女優さん。厚化粧ですごい感じで登場してくるのですが、元気印の清純娘役と言えばチェリムというこれまでの印象に、成長を感じさせるハマり具合でタルジャを演じてくれました。チェリムは、03年に14歳年上の歌手と盛大に結婚して06に離婚。離婚後の初国内ドラマとしてこのドラマを選んだのですが。その理由が、“幻想ではない現実を直視したキャラクターをしたかった”とのことでした。いろいろとあったのでしょうね〜。

 とても、楽しいドラマでした。お勧めです。
久しぶりに夫婦ともどもドラマで暖かい気持ちになりました。
posted by bfcbud at 21:57| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月21日

ありがとう

前回のエントリーから今日までいろんなことがありました。

2月21日、うちのにゃんが亡くなりました。
 5年前私が交通事故に遭ってその2か月後、嫁と一緒に彼女の実家からやってきたこの猫は、黒猫さんで体重は11キロを超えていました。お年も既に12歳、あまりのでぶりっぷりに走ることもできず、うーんこれは長くないかなと思いつつも、まずは2年かけて体重が6キロ強の黒猫さんになっていただきました。それからすでに3年、もうずーっと一緒にいるものだと思ってしまっていた矢先でした。私が脳脊症になって家で悶々としているとき、彼はずっとそばに居てくれました。思い出すだけで涙が出ます。なんて思いやりのある猫だったんだろう。

 本当に調子が悪くなりもう寝込んじゃうぞという直前に、寝床からわざわざ私のところにやってきて、きれいな姿勢で立ちまっすぐ私を見て「にゃーん、にゃーん」と2回鳴きました。こういう雰囲気の鳴き方は今まで一度もしたことが無かったので、「何?何?どうしたの?」と私は聞き返しましたが、そのまま自分の寝床にまっすぐ帰って行きました。今思えば「あいつ(嫁のこと)を頼んだぞ」ということだったのだと思います。なにせ、ずっと嫁の保護者のような事をしていてくれたえらい猫さんでしたから。

 本当にありがとう。
posted by bfcbud at 09:32| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月08日

おけましておめでとうございます

遅いご挨拶ですが年を越しました.
今日は1月8日.一か八の日だそうです.

年末年始よく体を動かしました.
頭がふらふらになったのは1どきり.
それも主に睡眠不足が原因です.

最近は気圧の変動が少ない天候が続いているせいか脳脊症を感じることはほとんどありません.去年もそうでした.例年2月や4月中旬の気圧変化で調子が悪くなります.去年は4月後半から5月中旬あたりの強い気圧変化を受けるまでは大丈夫でした.その後の6月とか7月はかなりつらかったですね.今年はどうなるでしょう.昨年との違いは体力アップとサプリメントの補給ですが....

実はそれ以上に今私の体を犯しているのが花粉.
花粉のせいで目はしょぼしょぼ,頭はじーんという痛み,体全体がウィスキーを飲んだあとのように酔っぱらいさんのような状態になってしまいます.

今シーズンは実は10月の下旬から花粉が飛んでいたようで,11月下旬にはもう体が反応していました.現在に至ってはもう外に出られない状態なのです.

花粉センサーなんかよりも自分センサーのほうが全然敏感です.
posted by bfcbud at 10:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月14日

4月ある日の夕飯

070422_1801あ.jpg

4月ある日の夕飯です.
嫁さんが友達のところに泊まりがけで出かけてしまったときにつくりました.
こんなものが作れるくらいになったぞという記念アップです.

 筍とわかめの若竹煮サヤエンドウ付き
 鰹のたたきにほうれん草
 姫皮の梅肉和え
 玄米五分づき

筍とほうれん草,サヤエンドウはこの日地元の農家直売から手に入れたもの.
玄米も農家から直接分けてもらっているもの.簡易調味料,化学調味料は使ってません.
1年前ぐらいから醤油も味醂も小さな蔵で造っている本物を使っています.

ちなみに味の方は若竹煮がやや甘過ぎ.
次の機会には味の完成度を上げたい.
posted by bfcbud at 08:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月16日

残念でならない

4月より復学し,毎日がんばっております.

10年来つきあいのある大学の後輩が,
ちょうど私と同じ様にこの1年半,病気で大学にこれなくなり,
そのまま,今朝方亡くなった.残念でならない.本当に残念でならない.享年28歳の夭折.悔しくてならない.

まさかもう会えないとは思っていなかった.
この1年半で私は回復,復学し,彼はガンに倒れた.

心から哀悼の意をささげる.
幸いにも今日は空も泣いてくれている.
唯一のなぐさめ.
posted by bfcbud at 17:18| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月16日

Meの香り

今回は病気とは関係ありません。
ただのぱそネタです。

1ヶ月ほど、ぱそにVistaを入れていたのです、昨日Xpに戻しました。

何故って
あれ( ゚ Д゚)なんかMeたんの香りがする!
って思ったからです。

その昔、マルチメディアを謳って登場したWindowsMe。
98SEから乗り換えて、起動5分で青い画面で固まった、Meたん。

そこまではひどくないけれど、Vistaちゃん、1回青い画面になって強制シャットダウン。。。。(゚ε゜;)マジ
そして、死ぬほど、重い。意味もなくメモリを食い過ぎです。
プレーン640MBって何が詰まっているんだ?
UIが大きく変わって使いやすくはなったけど、実働がくるしい。

Meの時は、DOS系の98と、NT系のNT4.0、が2000で統合されるというときの中継ぎとして登場して、NT系レベルの仕事をDOS系に要求するという無理なことこの上ないOSができあがってしまった。
今回のVistaちゃんも、OSが、32bitから64bitに完全に移行するための中継ぎとして登場しているのじゃないだろうか?32bitVistaOSには64bit的仕事を要求されている?
素直にマシンを買い換えて64bit版Vistaで動かせと言われそうですが、スペックの高い(=値段の張る)のをかわないと、どっちにしても重そうだ!
プレーンで640MBってのが頭悪すぎる。青画面発生の要因だよ。

2年くらいでマイナーチェンジ版が緊急リリースなんてことになるんじゃなかろうか・・・・・VistaSEとか。


蛇足・・・Xpに戻すついでに、5年ぶりにATOKをほおりこんだ。
既定辞書をATOKに設定しても、使っているうちに辞書が勝手にMS-IMEに切り替わる機能は昔のまんま。SP2とかでなんとかするき気はなかったのだろうか?Microsoftは何を考えているのやら・・・・。
MS-IMEは辞書から削除しました。
posted by bfcbud at 12:23| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月19日

週末

 一昨日。
 嫁と一緒に友達の用事を見に(?)、東雲まででかけました。
湾岸のがらーんとしたところですが、とにかく交通量だけは多い。
実は昔、ちーさい頃にここに半年ほど住んでいたことがあります。
2ヵ月ごとくらいに病気をしていい思い出がほとんど無いのですが、
いわゆる東京下町工業地帯の暮らしってやつを体験したのが唯一のいい思いでです。
ほんとあしたのジョーの下町みたいな感じです。
 友達の用事半ばでしたが、1時間ほどでそこをあとにして、瑞江に移動しました。嫁子の高校時代の友人がラーメン屋をやっています(正確には彼氏がオーナーで一緒にやってる)。嫁の古い友人の大半は結婚後(=事故後)に知り合った人ばかりでしたが、その人とは結婚以前に、江戸川の川端で一晩飲み明かした仲です。
その子に「いや〜、久しぶりにサクサク歩いている姿をみたよー」と言われました。かなりうれしかったです。4年間ずーたらした歩き方しかできなかったのですが、人間にまた一歩回帰です。

 昨日。
 午後になって雨が止んだのでズボンを買いにいきました。そこで、ウエストが2インチもダウンしていることに驚きました。さすが、接骨院のトランポリン・・・。トランポリンは毎回5分飛んでいるのですが、そのうち50秒間は腰を回しながら飛ぶタームがあります。メタボリックを減らしてウエストが締まるといわれていたのですがホントに・・・・。しかも2インチダウンって。10年位前のウエストに戻ってしまったよ。
posted by bfcbud at 09:47| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月04日

年賀状

そろそろ来年も近づきと思い、昨日年賀状をつくっていたのですが、
結婚以来、二人の写った写真を使うようにしていて、来年分が出来上がった
ところで、4年分並べてみました。写真はその1年のうちのどこかの写真を
使っているので、きっかり1年ごとというわけではないのですが、
2003/11→2004/3→2005/8→2006/8 の写真です。
事故は2003/5でしたから、6ヵ月後、10ヵ月後、2年3ヵ月後、3年3ヵ月後となります。
驚いたのは6ヵ月後の自分が今と同じくらいの顔つきをしているのにたいして、
10ヵ月、2年3ヶ月・3年3ヵ月とだんだん悪くなっていることです。
6ヶ月たったあたりはたしかにだいぶよくなってきていたことを覚えています。
それで翌年のはじめには確か示談の準備を始めたはずです。
でもその後の写真の顔つきはひどくなっています。
たぶん脳脊髄液の漏れがだんだんと多くなったためかと思います。
他の多くの患者さんも事故直後よりも数ヶ月や数年たってから
症状が決定的に悪化することが多いようですが、メカニズムはまだわかりません。
私の場合は決定的にひどくなったのは2年ほど経過したあたりでした。
その間事故からいったんは良くなってからどんどん悪化したわけですが、
その経過が写真にもよくあらわれていて二人で苦笑してしまいました。

3年3ヵ月後は3回目の手術からひと月後に撮ったものですが、
比較的に元気になってきていたのですが、件の合併症で微妙な顔つきです。
posted by bfcbud at 09:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月14日

あ、、あちー

いや・・・あちー、、あついですねー
手術後なんかクーラーがまったくうけつけなくて、
猫の非難がましい目を横に、クーラー無しで過ごしております。

 手術から3週間もたちまして、そろそろ遠出をしてみようと、
先週土曜新宿までいってアニメ「時をかける少女」をみました。

 手術後2週間ずっと寝たきり生活の中、WEBサーフィン中に
みつけました。ゲド戦記はよく宣伝していたので存在を知っていたのですが、
これはぜんぜん知らなかった。がんばっている嫁さんの息抜きにもと思いの
お出かけでした。

 嫁さんは後半ずーーっと泣いていましたが、僕も泣きました。
突っ込みどころが無いわけではないですが、それは末端のことですから
どうでもよく、本当に深いテーマに支えられたいい映画です。いろいろな
レビューで是非ティーンに見てほしいというのが多かったですが、適当な
お付き合いをしているカップルとかにも見てほしい。

 それに最後に流れる奥華子の主題歌がとてもスバラシイ。
歌を聴くだけでまたないてしまいそうになり、嫁さんは脳の中でカットした
そうです(笑)。

まだやっているので、少々遠くても足を運ぶ価値ありです。
時をかける少女オフィシャルサイト劇場用予告ムービーがあります。

しかし、女子高生のスピードについていくのは大変、みるだけでも体力使いました。
それで日曜はまるまる休養、今日は朝寝坊するほど熟睡。しかも顔に疲労性の出来物までできている。
やはり、ちと無理をしすぎた模様です。
posted by bfcbud at 13:17| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月18日

東トルキスタン

先週無事ウルムチから帰国しました。

あちらに出かけるようになってからすでに4年5回目となります。
今回は体への負担をへらすため、
山の上での仕事は本当に最小限におさえて、新しい調査などもせず
数日で下山しました。

その分時間が余計にあまってしまったので、
視察と観光をかねてカシュガルまで行き、
そのままパミール高原の視察にも行きました。

パキスタン国境につながる道で、アフガニスタンまで
たった150Kmしか離れていないところです。
標高は4000mくらいでまわりは氷帽と谷氷河をいだいた
7000m峰の荒漠山地が連なります。

住んでいる人もタジク人というイラン系で
もうここは中国ではないと思わされます。

中国の西端にまで行きタジクやウィグル・カザフ人たちの
ここ数年の労苦や現在の境遇を知りました。

東トルキスタンというのは古くから、中国新疆あたりの地域を指して
いう地域名なのですが、1900年以降2度の政権樹立と2度の滅亡をへて
現在はアメリカに同名の亡命政権が存在するそうです。

しかし、そのアメリカと戦ったアフガニスタン戦争では
かなりの人数の人がこの東トルキスタンから
参加し(中国政府に無断で)、ほとんど帰らなかったそうです。

1980年以降の中国政府による少数民族への仕打ちはかなりなもので、
相当数の人間が海外に逃げています。
それに加えて地域への漢族入植の勢いはとどまることなく
おそらく10年後には漢族が大多数をしめるであろうことは、
ここ数年のウルムチを見ているだけで十分に想像できます。
ウルムチのウィグル人居住地域は分断破壊され、
再開発地区として今まさに完全に消え去ろうとしています。

このような状態の東トルキスタンですから、中国以外の勢力なら
ノンポリでどこでもいいから頼りたいところでしょう。

今はまだ漢族の農村への侵入はおこっていませんが、もし農村への侵入が始まったら、
中国と同化して漢族化するか、独立のための戦争をおっぱじめるか、
この二つ以外に選択肢はないんじゃなかろうか。
もしかしたら、この先10年がこの地域における新しい歴史の転換点になるやもしれません。
なにせ、もう既に都市部での民族の置き換わりが半分以上進んじゃってますからね。
posted by bfcbud at 11:36| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月21日

未払い問題

ヤフーに
「<三井住友海上>医療保険無期限停止に 不払い新たに千件」
という記事がのっていた.
ヤフーの「保険金未払い問題」へのリンク

無期限停止・・・・
わぁいヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノわぁい♪ザマーミロ!!!

悪魔企業の保険会社のエントリーに
えんえんとオイラがどんなメにあったか書きましたけど,
本当に下から上までダメな会社なんですね.
posted by bfcbud at 21:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月12日

それでもだいぶ読める

毎日よく雨が降る.

とうとう梅雨に突入した.
体調の乱高下が激しく,毎日がツライ.

いつもならこんな体調のときは無理をしてまで文章を書いたりしない
のだが,備忘録として書きとどめておく.そのうち書き込みたくても
書き込めなくなる日のほうが多くなるだろうし・・・

先週末,嫁さんと街に出た.
嫁さんの用事で途中別々行動をしたのだが,
そのとき立ち寄った古本屋で200円の本を3冊購入した.

1冊は今月末からまたシルクロードへいくので,カザフ人の友人への土産.
(やむなき事情があって療養中にもかかわらず今年もでかけます)
もう1冊はカモシカなど日本の奥山にある獣たちを実録的に描いた昭和40年代の本.
そして最後はムネオ疑惑で連座した佐藤優の暴露兼ロシアネタ本.

近年自分の地誌学的興味は欧米から中東,中東から中国へとうつり,
また欧州の今度は地中海北岸と移動し,次はアフリカ中南部かロシアへ
と思っていた.

佐藤氏の本はロシアの内部情報を日本の国益と照らし合わせて分析し端的に解析していてとても面白かった.
学術書や文化本などでは伝わらない,言うなれば現地で交流を持たなければわからないような
ロシア人の機微が描かれていて実に興味深かかった.

もっともこの本は暴露本なので,そっち方面に割かれた頁のほうが多く,
 組織が組織員のしたことの結果を守ろうとしない,
 組織が個人を嵌めるのに全力をあげる,
といったような日本的大人社会のいじめ体質についてたんたんとつづられている.

著者はこれを政治的・社会的な変容による必然として高尚に論じていくが,
ねっことして「小さな部落」の論理がハタライタに他ならないという感想を私は持った.
やっぱり(使えない)人が大すぎるのがいけいないのだろうか.
それとも仕事するフリをしている人が増えているのがいけないのだろうか・・・

GDPがワースト20にはいる国でエリートをやってる知合いがいるけど,
彼のところは本当に人が少ないから,誰もが大事にされている.
ほんで1日8時間勤務でそのうち7時間はおしゃべりが普通なんだそうで.
でも,おしゃべりしている間に勝手に隣国の軍隊がはいってきて軍道を
作っているそうで・・・・ん?大丈夫か?


まとまりがなくなってしまったが,一番のオドロキは
こんな体調の中でも1日ちょっとで一冊の本が読めてしまったこと.
この本は読者の検証や論考を求めていないのでスラスラ読めるというおかげもあるが,
事故以来最速記録の更新でした.

次のカモシカ本はそうもいくまいが.
posted by bfcbud at 13:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月04日

鍼の先生が入院

一昨日の金曜日に,鍼の予約をいれていたのだが,その前日の夜,先生の奥様からお電話.
4日前に突然入院なされたとのことで,息子が変わりに診ることはできるけれど,どうしますか?とのこと.

その鍼の先生には交通事故の3ヵ月後から既に3年近くずっと診ていただいている.
今は週1回だが,多いときには週3回も通っていた.

鍼は全身治療であるため,脳脊症のように全身症状がでる病気にはとても効果的なのです.
ただしお値段はけっこう高い・・・

先週の金曜日,先生は少し鼻声でいらっしゃった.
木曜日に熱を出された模様.その後熱はでるのにもかかわらず,
それ以外の症状が一切無いとのことで,急遽月曜日に入院されたそうだ.

医者の不養生というかなんというか.

代診はお断りして自宅近くの同系列の鍼灸院を紹介していただいた.
もともと父がずっと懇意にしていて名人とのことで通っていたので,
ちょっと自宅から遠かったのだ.

蛇足だが,その前にも他の先生がいて祖母が懇意にしていたのだが,
56歳で突然急死なされ,今の先生の所を奥様が紹介してくださったとのこと.
こうやって脈々と繋がっていくのだろうか?

紹介先の先生は女性のおばちゃん.
鍼師としてはまだ若手ながら既に講習会の講師を務められているだけあって
なかなかの腕前のようで,終わった後はすっきり.

先生も既に高齢である.奥様の話ではもしかしたらこのまま引退してしまうかもしれないとのこと.
もしそうなったら,事故以来,お世話になっていただけに本当に残念でならない.

時の流れを感じます.
posted by bfcbud at 10:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月01日

嫁子が働きにでた

またまたお久しぶりです.

まいどのことになるのですけど,更新をさぼっていたのではないですよ.(^^)
4月12日頃だったでしょうか.大きな低気圧が来ましたね.
アレで一気に手術前と同じくらいの頭痛と吐き気症状がもどってきてしまい,
その後もずっと天気が良くなったり悪くなったりと,脳脊症的には最悪の
天候が続きました.

1回目の手術以降継続的な吐き気・頭痛が止まっていたのですが,
またもどってきてしまいましたねー.例年とは違った感じです.

さて,そんなこんなで,こりゃ本格的に社会復帰は無理だと嫁と話しあいをしまして,
その結果,嫁子さんは派遣さんではありますが就職してしまいました.(うぅっ苦労をかけるねーT-T).

フルタイムの月金ではあるけれど,あまり残業は無いようだし,
社食完備のうえ3時にはお茶の時間まで設定されているそうで,
なかなかどうしてアタリの職場だったようです.

ありがたや
posted by bfcbud at 17:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月31日

ハイキング

 昨日は小春日和でぽかぽかでした.
午後,裏山に登りそのまま尾根伝いに平行して走る電車の3駅分ほどの距離を
ハイキングをしました.手術をしていらい,こんなに歩いたのは初めてです.

歩き始めてすぐに足がガクガク.30分も歩くと頭痛が始まりました.
あ〜,やっぱり良くなったと言っても,室内であんせいにしていればなんだなぁーと思い,少しがっくりしました.
今月から少し仕事を再開しようかとも考えていましたが,甘かったようです.

裏山から歩き始めて1駅半くらいのところまでは,ハイキングコースのような山道.
ここに移り住んで初めて歩いたのですが,なかなか気持ちのよい道で,
クヌギ・コナラにかこまれながら,残った雪を踏みしめ歩きました.

残り半分は砂利道だったり公園・新興住宅分譲地の中を歩きました.
途中でポカリスエットを買ってごくごく飲みゆっくりと休んでいたら,
頭痛がすぅっと引きました.こういうとき,脊髄液が生産されたんだなー,
っと実感できてしまいます(笑).
posted by bfcbud at 15:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。