2008年11月01日

歪む頭

今日は整体の日だったのですが、この1ヶ月間の疲れがたまりにたまりまくっており、ぼろぼろ状態。

朝おきてからどうも調子が悪い。
右の肩筋から頸椎4番あたりが痛重く、あたまの右後ろがへこんで扁平になっている感じがしていました。

整体の先生にそのことを告げたらそのとおりですねーと言われ、
原因は右の骨盤があがってしまったことで左側の骨盤が外側に開いてしまい、左の臀部が扁平になっていることが頭に影響を及ぼしていると説明されました。

それで、足を操作して開いた骨盤を戻す施術をしたところ、頭のゆがみは直りました。頸椎4番の痛みも無くなりすっきり。

おかげさまで家に帰ってぐっすりと寝てしまいました。


 この1ヶ月やばいくらいに忙しい毎日を送っておりました。やっと今日になって、ざっと経費を計算してみたのですが(T T)・・・・。あんだけ働いて、アルバイト君と数万円しか給料がちがわんとわ!自営ってホント大変なんだな。そら、諸先輩方が事務所を畳むのもあたりまえだわなー。いったいどこで誰が贅沢しとるんだろう?
posted by bfcbud at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | リハビリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

その後の整体につき

1月に接骨院を止めて整体を始めたことを書きました.

その後ですが,実に順調です.
最初の3回の施術は2日おきとかなり短い間隔でしたが,その後は1週間弱→1週間→1週間強程度とだんだんと施術期間を広げております.

肝心の施術ですが,難しいことをしているわけではありません.私の場合はこうでした.最初の診察で言われたことは,骨盤の右側が上に傾いているということでした.骨盤の右の位置が高いことは接骨院でも指摘されていましたが,だからといって何もしてはくれていませんでした.そして,骨盤の右が上に来ると上半身が左に倒れそうなるので,それを防ぐように右肩がさがります.右肩が下がると今度は頭が右に傾き倒れそうになるので,左の首筋の筋肉でひっぱって頭を左側に傾けます.うしろからまっすぐみるとそのぎくしゃくとした傾きのせいで脊椎ががたがたになっているのがわかるということでした.実際に指でなぞって教えてくれました.

こうなるとあちこちで筋肉が張り強ばるので,主に背中の筋肉が痛くなり疲れ背中がまるまります.そうすると内臓主に肝臓や腎臓・胃腸が圧迫されて排出系統や解毒機能が衰え,疲れやすくいつもお腹が張っていて気持ち悪いような状態になります.

この先も解説は延々と続くのですが,要は土台が狂っているのでアカンということでした.狂った原因はもともと私が持っている体のずれが交通事故で一気に加速されたこと,また脳脊髄液減少症で自律神経が狂わされたためだろいうということ.また整形外科医やその他病院で多量の鎮痛剤等を投与された結果,肝臓が相当に痛めつけられており,姿勢からくる物と合わさり大変に内臓が弱っているとの事でした.

そうじゃないかな〜と思っていたことを的確に説明してくださり,その説明された箇所を先生は次々と不思議な方法で施術していかれます.30分強で施術が終わるとあれ不思議,痛いところが一つもなくなります.翌日になるとまた不具合がでますが,それも次回の施術でとれます.毎日の生活でくるいつつも体の修正が続けられ,日に日に背中がまっすぐに立っていきます.

何よりも一番驚いたことは施術を受けたその日から疲れにくくなったことです.物理的に肝臓が圧迫を受けていたのが解放されたためだそうです.

この先生は脳脊についても大変詳しい知識を持っておられ,どうも脳脊患者の開いた穴がふさがらない原因は,事故に付随する体の弱体化(主に内臓・免疫系)から来るものではという考えを持っておられるようですが,この辺のことは証明が難しいことと思います.
いずれにしても△な検査結果のために,長期経過観察状態になっている私にとっては,とても有り難い先生にお会いすることが出来たと思っております.

施術を始めた1月は仕事があったのですが,だいたい1週間分の疲れで,昨年11月の1日分の疲れと同じ,という感じになりました.これは疲れやすいがゆえになかなか本格復帰ができなかった私にとって,目から鱗もの現実でした.
posted by bfcbud at 14:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | リハビリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月08日

ある療院

整形外科から始まり多くの病院療院をわたり,
7割方の回復となり,簡単なアルバイトくらいは出来るようにはなりました.
しかし,まっとうに社会でやっていけるほどにはまだなっていません.

 本日ある整体療院を訪れました.

 その訪れた療院は実は大変に有名なところであることを
ついぞ一ヶ月前まで知りませんでした.
一ヶ月前に電話で大先生(おおせんせい)の奥様と長々とお話をし,
では後日また連絡をするということになり,本日ご連絡をして,
大先生の息子さんに診ていただきました.

約30分ほどの施術で,私の体に残っている不具合箇所を全て洗い出し
まずは全体の整体をほどこしていただいたところ,
つっぱていた背中も首も腰も全て痛みがとれてしまいました.
そして,どこの臓器が弱っていて今後どうしたらよいのか,またそのおおよその原因についても教えてくださいました.

なるほど,世の中にはこういう世界があるのだなと,
通常の保険営業をしている接骨院の技術は児戯に過ぎないのかと,
感嘆のうめきすらでないほどの衝撃です.

この療院,北海道から沖縄までわざわざ飛行機にのってやってきて施術を受けられる方が大勢おられるそうですが,私の自宅から一番近いところにある治療院でした.
posted by bfcbud at 21:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | リハビリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月20日

接骨院でのリハビリプログラム

 接骨院でのリハビリは、通い始めた10月から一ヶ月たった11月に開始しました。

 始める前の最初の一ヶ月間は、まず凝り固まった体中の筋肉をほぐすため、とにかく毎日、週6日間通って揉んだり押したりします。そして30分以内に350ml以上の白湯を飲み臭いおしっこをします。こうやって凝りをほぐしデトックスをして、再度凝りが復活する要因をつぶしていきます。

 通い出して2ヶ月目。表面の筋肉がゆるんだころ、最初に始めたのがトランポリン。毎日5分間飛びます。最初の1週間は飛ぶのだけでも精一杯でした(慣れてきてからは、2分両足・1分各片足・50秒腰ひねり飛・10秒もも上げダッシュ)。
トランポリンは何に良いのかというと、もちろん足の筋肉を鍛えるのによいのですが、メインは内臓脂肪をとることです。内臓脂肪は外から揉みほぐすことができません。それでトランポリンで体を上下に振って内臓を上下に揺さぶります。内臓周囲の筋肉が引き延ばされ、たまっている毒入り脂肪も揺さぶられます。一ヶ月間で臭いおしっこもかなり軽減していたのですが、トランポリンを開始するとまたとても臭いおしっこが出始めます。週5日通いに変更。

 3ヶ月目、表面の筋肉の調整が終わり深いところの筋肉の調整が始まった頃から、チェストプレスを開始します。腰痛を軽減させるための筋肉作りです。また、奥深い筋肉は外からの刺激だけではやはり簡単には良くならないらしい。最初は22kgから。女性レベルです。これも初めはあげるのが精一杯でした。6回3セットです。現在は45kgです。男性標準に到達です。

 4ヶ月目にはいったころには胸椎と腰椎の連結部以外の筋肉はほぼ普通の状態になりました。所々しこりはありますが普通にうごかせるようになります。片腕ずつおこなうバタフライが追加されました。主に側背筋を鍛えるためです。やはり22kgからはじめて今は36kgです。このころから週四日の通いに変更です。

 4ヶ月目も終わりころには、首の可動域が100%に到達しました。最初は50%も動かなかったのに。それに伴って肩こり首のこりがほとんどなくります。筋トレとの相乗効果と先生は説明していました。筋トレには、持ち上げ動作が追加されました。背筋と足の筋肉を鍛えるためです。これも22kgからはじめ今は27kgです。

 今5ヶ月目にはいっておりますが、今週先週の冷え込みでまた少し調子を悪くしております。それでも以前に比べれば体力も精神力もついてきておりますので、デフレスパイラルにおちいることはありません。ウエストが5cm減ったことは以前書きましたが、体重も5kg減っておりました。体脂肪がどのくらいか興味あるところですが、うちには体脂肪計が無いので、そのうち銭湯で計りたいと思います。

 接骨院ではリハビリしながら、毎回筋肉を揉んでもらい、あるタームに達したら背骨や腰骨の歪みの矯正をしたり、リンパマッサージをしたりと統合的リハビリをしてもらってます。時には秘術がなされることも・・・・
posted by bfcbud at 11:08| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | リハビリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月06日

交通事故のリハビリ

1月末ころから、ちょこちょことアルバイトをしています。
コンサル仕事の末端なので、自宅でやっておりますが、
午後はリハビリに出かけます。自宅でやっているおかげで、
リハビリ環境が守られています。上司に感謝です。
ありがとう!
4月以降、一応復帰するつもりでいるのですが、当分、この体制でやろうと思っています。
午前に作業をして、午後はリハビリ。
夏には中国にいくのでそれまでに体力を向上させなくてはなりませんしね。


 私のリハビリは脳脊症治療後のものなのですが、実態は事故のリハビリと言っても良いように思います。
BP治療による副作用や諸症状の危険があちこちで言われているのですが、
直接の副作用は穿刺部の炎症のみであとは波及的なものばかりです。
その波及的なものはみな各人の個性や持病で変わるので、
これは副作用とはまた別の表現をしなくてはいけないかもと最近思っています。

ところで、交通事故にあい、そのご、外傷や画像にみえるような内部の傷が治っても、
体中の調子が悪い状態がつづく人が、私の身近も含めて大変多くいらっしゃいます。
そのほとんどの人が、それらの症状について病院も損保も存在を認めてくれません。
損保はおくとして、では、どうすれば、ということになりますが、そこでリハビリです。
ところで、このリハビリも、所謂病院のリハビリ科では形成的に可能なものを除くとすぐ??に
なってしまい、ほうりだされてしまいます。私がそうでした。
それで今私は、鍼・接骨院・漢方を組み合わせて自分でリハビリをしています。
でも、かなり細かいところまで具体的な指示をうけてやっております。
メインは交通事故・スポーツ治療専門の接骨院です。
リハビリのためのスポーツ器具も完備しており、ここで、ほぼ毎日施術と
トレーニングと指示を受けます。これは病院のリハビリ科でもやってますが、
接骨院では、リハビリの指示を考える人と介助する人が一緒です。
継続的に細かく見てくださり丁寧です。そして、考え方があまり西洋医学ぽくないです。
毎日の体調や都合に合わせてやりかたを変えてもくれます。1日600円(保険診療)です。

事故被害者の病後の立ち直りが悪い場合、ほとんどは自律神経失調症になっていることが多いようです。
それで、月に2〜4回、鍼灸院で鍼を受け、体の調整をしています。1回3800円(非保険診療)。(鍼に限って保険の効くところではたいていダメです。)
自律神経同様に、事故を境に体質的に病弱な状態になってしまう方も
ちらほらみられます。たぶんもともとその気があり事故で顕在化したのだと思います。
3週間に一度、漢方医院に漢方薬をもらいにいきます。1回約3500円(保険診療)。

数年に及ぶ試行錯誤のすえこうやって、私のリハビリ環境がやっとできあがりました。
これらの3先生に共通して言われたことのうちもっとも驚いたのは、
「プールはやめておきなさい体を冷やすから、歩きなさい」でした。
リハビリといえばプール、プールといえばリハビリ?(笑)と思っていたのに。
整形外科の先生も脳神経外科の先生もプールを勧めていて昔よく行ったのに・・・・

以前はぜんぜんよくならなかったけど、今はめきめきよくなっています。
体の痛みは半分に、筋力も60%まで復帰し、日常生活を過ごすのに楽を感じるようになったと
接骨院の先生に言ったら、ニヤリとされて「あたりまえでしょ〜」と言われました。
posted by bfcbud at 13:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | リハビリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月11日

筋肉

先日Wiiを買った!

そして、Wiiスポーツをやってみた。
トレーニングモードをちょびっとやっただけで、へとへとになった。
これじゃあ、ゴルフなんて18ホールもまわれないよー、と思った。(みんな、ここで、わらわないで(^^; )

さすがはWii!すげぇー、スポーツになってるじゃんと思った!
でも、Wiiの体験CMみているとみんならくそう。

あれって思い、今日接骨院で筋力計測をしてもらった。
だいたい =筋量 、と思っていいらしい。
同じ年代の正常人の40%しかありませんでした・・・・・・(ーー;

まじめに3ヶ月必死に治療をしてきて、今やっと40%かい!!
じゃあ、治療を開始したときはいったい何%だったのよ!
って思いました。
以上
posted by bfcbud at 18:02| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | リハビリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月07日

年末年始

あけましておめでとうございます。

年末年始は接骨院もお休み。
体の調子はまぁまぁなれど一進一退。

12月下旬の病院検診で、脳脊髄液減少症の漏れはほとんどおさまった、
という診断がでました。

自分でもそう思っていましたので、これはこれでよかったと思います。
もうあの苦しい手術をうけなくてもいいんだという喜びがあります。

しかし、主症状である頭痛・吐き気はほとんどおさまったものの、
体のあちこちの不具合はまだそのままです。接骨院での治療は開始3ヶ月で
半分程度はすすみよくなるところはよくなりました。でも、たとえば、
指の皮向けとかはむしろ悪化していたりします。

年末から指のことを考え、地元の漢方医院に通い始めました。
通うといっても漢方薬が処方されるだけですが。
そのかわり、きびしい食事制限と生活基準の刷新が求められました。
詳しくは書きませんが、かなりきびしいです。(笑)
posted by bfcbud at 10:27| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | リハビリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月05日

接骨院にて

接骨院での効果がでてきたおかげで、気力もだいぶ戻ってきました。
今でもあいかわらず背中・腰・肩は痛いですが、表面的なものはほぼとれ
箇所も凝縮してきました。あとは内部の根をはってしまった部分の治療ですが、
これには時間がかかるようです。

気力回復に伴い、2週間ほど前から週2・3回でジョギングもできるようになりました。
走ったのは事故以来ですので実に4年ぶりです。
最初、筋肉がびっくりしてしまいビクビクしましたが、こういう筋肉の悲鳴も
久しく感じていなかったよろこびです。

運動をすれば事故前だったら体力がぐんぐん上がるのですが、今は
簡単には効果があがりません。途中、疲労蓄積でダウンなどもしながらなんとかつづけています。
人間らしい生活ができるようにと思い、今はがんばらねばなりません。

ところで私の通っている接骨院は交通事故を専門にしている接骨院で、
スポーツジムにおいてあるような器具でリハビリもやっています。
治療から3週間ほどたったあたりから、ストレッチ器具なども使いはじめていたので
すが、4週間目ころからトランポリンを飛んでます。
トランポリン効きます。というか痛いです内臓が。
子供のころはサルの様に児童館でとんでましたが、大人のトランポリンきついです。
内臓が上下することで中のほうの筋肉が使われるらしく、
そこにも大量に毒がたまっているものだから、飛ぶようになっ
てから1週間くらいはくっさ〜い小水がでつづけました。(笑)

同じころから首の周辺ももまれるようになり、
これが痛いのなんのって、あまりの痛さに笑いしかでず、自分の手が
いつのまにか先生の手を引き剥がそうと首の辺りにまでのびているのにきづき
ハッとするほどです。(笑)
筋肉をもんでいただけと思っていたのですが、
リンパマッサージもやっていたそうで、それが痛かったようでした。

接骨院にしては多種な引き出しを展開する楽しい先生です。
posted by bfcbud at 12:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | リハビリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月22日

悪化!

先週嫁が交通事故にあいまして、
といっても軽傷なのですが、自転車で走っていて一時停止違反の
車に横からぶつけられてしまいまいました。(全身打撲)
その週末のお出かけはできたのですが、翌週(=今週ね)になって
少々悪化。接骨院で診てもらったら、頚椎捻挫追加。
カラーもいらないくらいなんでまだ軽傷のうちなんですが、
どっちにしても家のことは何も出来ない人になってしまって、
変わりに私が先週から今週はたらきまくりました。
そしたら、今週になって首肩背腰が全て引きつるような痛みと凝り&頭痛で
もうわしダメポ状態に・・・・。

しかし、どうも脳脊症の痛みとは感じが違う。
どちらかというと事故以前のものに近いなぁ〜という感じでしたので、
もしやと思い私も近くの接骨院でみてもらうとひとこと
「姿勢を保持するためだけの筋肉すら足りない」
とのこと。やっぱり〜。
長い手術と安静の繰り返しの結果、重要な筋肉が減っていたのです。
足りない筋肉でふんばったものだから、筋肉がぱつんぱつんに。
ぱつんぱつんの肉の中で血管が押しつぶされ大量の毒物が蓄積。
それで痛みがどんどん増えてさらにぱつんぱつんに、というデフレスパイラルです。

接骨院の先生が丹念に揉んでくれたおかげで毒物が体に還流して、
今はむしろずっとふらふらです。2・3週間毎日かよって揉んでそれからリハビリということになりました。
posted by bfcbud at 20:51| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | リハビリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。