2007年04月25日

交通事故で冷え症に?

最近いろいろな方の交通事故ブログを見ています.
その中で長期間不定愁訴に悩んでいらっしゃる方の症状に,
それは冷え症の症状と一緒だ!
というものが多く見られます.

私は,脳脊症がほとんど治癒した段階で,
事故の時から始まった指の皮むけが全然治らない状況を見て,
漢方の先生のところに行きました.

漢方の先生の見立てでは重度の冷え症になっているということでした.
冷え症で血が巡らず指の表面まで血液が循環していないことが,
皮むけの原因でした.もちろん冷え症ですから,
皮むけにとどまらず全身に悪影響を与えていました.
腰痛や背部痛,頭痛,鼻炎,筋肉のこりなどすべて関与しているとのことです.

皮むけ自体は中学生のころ年2回くらい(1回1週間くらい)あったりなかったり,
また慢性鼻炎症でしたから体質として冷え症の素質はもっていたようです.
ですが,高校生の頃は冬山登山をしていたため,
寒地訓練を旺盛にこなし相当な薄着でも大丈夫になり皮むけも長い間ありませんでした.
それが,交通事故を境に3年間ずっと皮がむけ続けるような,
重度の冷え症になってしまいました.
その原因はこんなことではと私は考えています.
・事故に遭うと一時的にでも寝たきりになり筋力・代謝能力低下
・なんでも体を動かすのがおっくうになってしまいさらに筋力が低下
・結果動物としての活性度が落ち冷え症に・・・・
私の場合,脳脊症でさらに寝込んでいたので,よっぽどひどいことになってしまったのでしょう.

人それぞれでしょうから,判断はむつかしいでしょうが,
知らないうちに事故で冷え症になった,またはひどくしてしまった人は結構な数存在するのではと思っています.


 余談ですが,
私は子供の頃,夏冬関係なくお外で馬鹿丸出しで遊び狂っていました.
イコールよく体を動かしていたということなのですが,
大人になるとあの頃ほど体を動かさなくなりました.

接骨院に来ている大人のほとんどは,
体を動かす機会が無くて筋肉が固まってしまった現代病の人たちです.
最近その仲間に小学生たちが大挙参加してきています.
年齢は10歳でも体は60歳!実際にそんな子が本当に増えています.
原因はお外で体を動かして遊ぶ事が減っているため.

私は子供の頃は体が楽に動いてよかったなー,などと思っていたのですが,
子供でも体を良く動かしてないとダメなのですね.

最近の子供らの不遇を思いつつも,
年を喰っていても,体を動かせば
自分の体調を良くできると希望をもっています.
posted by bfcbud at 10:17| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 交通事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月24日

病歴

簡単な病歴を最初のエントリーに追記しましたのでご覧ください.

どのくらいの期間病んでいて,
どのくらいの治療期間で良くなっていったのかとか,
一目でわかりたい人もいらっしゃると思いますので・・・・

最初のエントリー
posted by bfcbud at 17:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どうも・・・・

先週末後輩の葬式があり
一段落しました.

しかし,体調は悪化中です.
悪化は4月にはいってからなのですが,
いくつか原因があります.

・復帰の疲労
・天候不順
・接骨院の勤務態勢が変わって院長が月3回くらいしかみてくれない
・後輩が亡くなったショック

復帰の疲労や天候不順はいたしかたありませんが,
接骨院の勤務態勢が変わったのは痛い.
若い先生が増え,昼間の院長専任の時間帯に,
若手の先生が増員されてしまい,
院長専任の時間帯がゼロになってしまったのです.
私はしかたなく彼の施術を受けているのですが,
やはり院長はレベルが違うと実感させられている次第です.
彼では一日分の不調を1回の施術でただすことができず,
時間と共に悪化してしまうのです.
こちらが意識的に休みを作って,今は一進一退となっています.
余談ですが,主婦層のお客様は敏感です.
二週間で昼間の時間帯から主婦が消えていきました.(主婦は敏感だ!)
おそらく他の接骨院に消えたいったか,様子見か・・・・


話を戻しますが,後輩が亡くなったことのショックは相当なものだったようです.
亡くなった翌日から急に気持ち悪くなり体も疲労気味.
2日後に運良く院長に診察してもらったのですが,
いわゆる心的ショックによる筋硬直に典型的な症状がでている,
と言われました.

その後,無理をしないよう気をつけてはいましたが,お葬式の最中,
みるみる筋肉が硬直していくのが自分でもわかりました.
感受性は強いのにストレートに感情が発露しないものだから体にでる,
ということなりますでしょうか.心当たりアリという感じです.続きを読む
posted by bfcbud at 12:03| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 体調備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月16日

残念でならない

4月より復学し,毎日がんばっております.

10年来つきあいのある大学の後輩が,
ちょうど私と同じ様にこの1年半,病気で大学にこれなくなり,
そのまま,今朝方亡くなった.残念でならない.本当に残念でならない.享年28歳の夭折.悔しくてならない.

まさかもう会えないとは思っていなかった.
この1年半で私は回復,復学し,彼はガンに倒れた.

心から哀悼の意をささげる.
幸いにも今日は空も泣いてくれている.
唯一のなぐさめ.
posted by bfcbud at 17:18| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月20日

接骨院でのリハビリプログラム

 接骨院でのリハビリは、通い始めた10月から一ヶ月たった11月に開始しました。

 始める前の最初の一ヶ月間は、まず凝り固まった体中の筋肉をほぐすため、とにかく毎日、週6日間通って揉んだり押したりします。そして30分以内に350ml以上の白湯を飲み臭いおしっこをします。こうやって凝りをほぐしデトックスをして、再度凝りが復活する要因をつぶしていきます。

 通い出して2ヶ月目。表面の筋肉がゆるんだころ、最初に始めたのがトランポリン。毎日5分間飛びます。最初の1週間は飛ぶのだけでも精一杯でした(慣れてきてからは、2分両足・1分各片足・50秒腰ひねり飛・10秒もも上げダッシュ)。
トランポリンは何に良いのかというと、もちろん足の筋肉を鍛えるのによいのですが、メインは内臓脂肪をとることです。内臓脂肪は外から揉みほぐすことができません。それでトランポリンで体を上下に振って内臓を上下に揺さぶります。内臓周囲の筋肉が引き延ばされ、たまっている毒入り脂肪も揺さぶられます。一ヶ月間で臭いおしっこもかなり軽減していたのですが、トランポリンを開始するとまたとても臭いおしっこが出始めます。週5日通いに変更。

 3ヶ月目、表面の筋肉の調整が終わり深いところの筋肉の調整が始まった頃から、チェストプレスを開始します。腰痛を軽減させるための筋肉作りです。また、奥深い筋肉は外からの刺激だけではやはり簡単には良くならないらしい。最初は22kgから。女性レベルです。これも初めはあげるのが精一杯でした。6回3セットです。現在は45kgです。男性標準に到達です。

 4ヶ月目にはいったころには胸椎と腰椎の連結部以外の筋肉はほぼ普通の状態になりました。所々しこりはありますが普通にうごかせるようになります。片腕ずつおこなうバタフライが追加されました。主に側背筋を鍛えるためです。やはり22kgからはじめて今は36kgです。このころから週四日の通いに変更です。

 4ヶ月目も終わりころには、首の可動域が100%に到達しました。最初は50%も動かなかったのに。それに伴って肩こり首のこりがほとんどなくります。筋トレとの相乗効果と先生は説明していました。筋トレには、持ち上げ動作が追加されました。背筋と足の筋肉を鍛えるためです。これも22kgからはじめ今は27kgです。

 今5ヶ月目にはいっておりますが、今週先週の冷え込みでまた少し調子を悪くしております。それでも以前に比べれば体力も精神力もついてきておりますので、デフレスパイラルにおちいることはありません。ウエストが5cm減ったことは以前書きましたが、体重も5kg減っておりました。体脂肪がどのくらいか興味あるところですが、うちには体脂肪計が無いので、そのうち銭湯で計りたいと思います。

 接骨院ではリハビリしながら、毎回筋肉を揉んでもらい、あるタームに達したら背骨や腰骨の歪みの矯正をしたり、リンパマッサージをしたりと統合的リハビリをしてもらってます。時には秘術がなされることも・・・・
posted by bfcbud at 11:08| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | リハビリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月16日

Meの香り

今回は病気とは関係ありません。
ただのぱそネタです。

1ヶ月ほど、ぱそにVistaを入れていたのです、昨日Xpに戻しました。

何故って
あれ( ゚ Д゚)なんかMeたんの香りがする!
って思ったからです。

その昔、マルチメディアを謳って登場したWindowsMe。
98SEから乗り換えて、起動5分で青い画面で固まった、Meたん。

そこまではひどくないけれど、Vistaちゃん、1回青い画面になって強制シャットダウン。。。。(゚ε゜;)マジ
そして、死ぬほど、重い。意味もなくメモリを食い過ぎです。
プレーン640MBって何が詰まっているんだ?
UIが大きく変わって使いやすくはなったけど、実働がくるしい。

Meの時は、DOS系の98と、NT系のNT4.0、が2000で統合されるというときの中継ぎとして登場して、NT系レベルの仕事をDOS系に要求するという無理なことこの上ないOSができあがってしまった。
今回のVistaちゃんも、OSが、32bitから64bitに完全に移行するための中継ぎとして登場しているのじゃないだろうか?32bitVistaOSには64bit的仕事を要求されている?
素直にマシンを買い換えて64bit版Vistaで動かせと言われそうですが、スペックの高い(=値段の張る)のをかわないと、どっちにしても重そうだ!
プレーンで640MBってのが頭悪すぎる。青画面発生の要因だよ。

2年くらいでマイナーチェンジ版が緊急リリースなんてことになるんじゃなかろうか・・・・・VistaSEとか。


蛇足・・・Xpに戻すついでに、5年ぶりにATOKをほおりこんだ。
既定辞書をATOKに設定しても、使っているうちに辞書が勝手にMS-IMEに切り替わる機能は昔のまんま。SP2とかでなんとかするき気はなかったのだろうか?Microsoftは何を考えているのやら・・・・。
MS-IMEは辞書から削除しました。
posted by bfcbud at 12:23| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月08日

もう春ですね

 もう梅も咲き終わり、桜を待つばかりとすっかり春ですね。

 体調備忘録は、いつも厳しいときの状態と時期を記録して
おくために書いているのですが、今日はすこしまとめ的に。

 春が近くなり例年調子がよくなってくる時期です。去年は三月下旬の一時期を除いて、2月も4月も本当に調子が悪くて苦しかったのですが、今年は余裕です。
ところが、今年になって花粉症になっていたことがわかりました。
1月頃から変に頭痛がしたりと、異常を感じていたのですが、まだ鼻水や鼻づまりはなく、「また脳脊症の再発かなー」と思い不安でした。でも、天気の良い日に調子が悪く、天気の悪い日に調子が良かったので、これはおかしいと・・・・ 花粉の飛ぶ日と飛ばない日だと分かってからは、安堵しましたが、杉花粉のピークを迎える今時分、もう目はかぃぃし、くしゃみはとまらんわで・・・・・く、苦しい。
 実はどうも2年前の花粉大発生のときに既に花粉症になっていたようで、症状が、既往症の脳脊症&慢性アレルギー性鼻炎とかぶっていて、ずっと気づかなかっただけでした。
嫁にはずっと、たぶん花粉症だよぉー、って言われ続けていたのですが、脳脊症が治って、やっと自覚できました。うけます(T T)

 というわけで、今は花粉さえ食らわなければ元気です。指の状態は、漢方の効果がでてきたようで、著しく改善しています。手袋と保湿クリームは欠かさないようにしていますが、もうステロイドの世話にはなっていません。漢方恐るべしデス。体が全体的に調子がよくなってきた感じがします。

 2月はほぼ普通にアルバイトの仕事があり、終わってみれば、普通に1ヶ月働いてしまいました。SOHOですが、日によっては10時間も働いた日もあります。むかーし、仕事で使っていたプログラミング言語がバージョンアップで大きく言語体系が変わってしまい、いちから勉強しなおして、アプリケーションプログラムを一個作るというようなこともやりしました。これだけ頭を使ったのは久しぶりです。おぉ出来るなー、大丈夫だなぁー、と毎日思ってやっておりました。まぁリハビリしながらなので、間に休み休みではあったのですが、今後に希望が持てました。

 接骨院でのリハビリ運動その後については、また別エントリーで書きます。
posted by bfcbud at 14:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 体調備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月02日

脳脊髄液減少症の本〜その2〜

低髄液圧症候群―ブラッドパッチを受けた人、または、これから受ける人へ低髄液圧症候群―ブラッドパッチを受けた人、または、これから受ける人へ
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 低髄液圧症候群―ブラッドパッチを受けた人、または、これから受ける人へ
[著者] 吉本 智信
[種類] 単行本
[発売日] ..
>>Seesaa ショッピングで買う


amazonに写真が無いのでアップします。
SA410135.jpg
その1で少し紹介しましたが、吉本医師の書いた疑問派の本です。

 この本と医師は大変な曲者であります。
まず、この本が、自動車保険ジャーナル社の「精神医学と賠償シリーズ」として発行されていること事態に疑問をいだきます。
 _, ._
( ゚ Д゚)なぜに精神医学?

 かつて、いや今もかもしれませんが、脳脊症の患者は精神病扱いされてきました。つまり詐病として保険会社には扱われていたのです。
 吉本医師は現場派の脳神経外科医でもありますが、保険会社御用達の医師でもあります。吉本医師は、脳脊症の存在を理論的には認めるが、実証的には認めないというスタンスで執筆されているようです。学問的にこの病気は存在するが、実際の患者は存在しないというわけです。机上ならぬ臨床上の空論だよと指摘している感じですね。

 ただし、この本を読むことによって、篠永医師ら肯定派グループの先生たちにも不備があることがわかります。例えば、画像検査については、この本を読めば1次現象をとらえることはほぼ不可能ということが科学的に理解できます。
 この病の権威であるMokri医師の論文でも明確な1次現象画像(髄液漏れ箇所の画像)は撮られていません。篠永医師らが髄液漏れとしてきた画像の数々は、ここで指摘されている髄液検査の際に発生するエラー画像とそっくりで、しかも腰に集中しています。そして、実際ブラッドパッチは、腰ではなく、首にしたときにほとんどの患者さんで大きな効果がでていますから、損傷部位を画像で捉えることは、本当はできていないと言ってよいと思います。これは以前書いた、首からの漏れが多いというエントリーとも通ずる内容です。
 ちなみに2次現象については、画像なり検査結果を得ることが出来ます。例えば、髄液圧の低下、MRI頭部矢状断面画像による脳の沈下など。ただしこれらは、硬膜に穴があるせいで髄液が減少して発生しているのか、髄液循環系に異常をきたしているために発生しているのか、区別はできません。

 この本は、全体を通して、建設的な意見が少なく、保険会社の事故担当者が、保険金支払いを回避するための資料と論説がてんこ盛りという感じです。ただし、無理に反論している部分もあるので、どこかに論文として投稿しても受理はされない、というレベルです。

 患者さんが読むと大変不快感を感じ、本を閉じたくなるのではと思いますが、それでも一読あるべき本だと思います。
posted by bfcbud at 12:10| 東京 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 関連本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月19日

週末

 一昨日。
 嫁と一緒に友達の用事を見に(?)、東雲まででかけました。
湾岸のがらーんとしたところですが、とにかく交通量だけは多い。
実は昔、ちーさい頃にここに半年ほど住んでいたことがあります。
2ヵ月ごとくらいに病気をしていい思い出がほとんど無いのですが、
いわゆる東京下町工業地帯の暮らしってやつを体験したのが唯一のいい思いでです。
ほんとあしたのジョーの下町みたいな感じです。
 友達の用事半ばでしたが、1時間ほどでそこをあとにして、瑞江に移動しました。嫁子の高校時代の友人がラーメン屋をやっています(正確には彼氏がオーナーで一緒にやってる)。嫁の古い友人の大半は結婚後(=事故後)に知り合った人ばかりでしたが、その人とは結婚以前に、江戸川の川端で一晩飲み明かした仲です。
その子に「いや〜、久しぶりにサクサク歩いている姿をみたよー」と言われました。かなりうれしかったです。4年間ずーたらした歩き方しかできなかったのですが、人間にまた一歩回帰です。

 昨日。
 午後になって雨が止んだのでズボンを買いにいきました。そこで、ウエストが2インチもダウンしていることに驚きました。さすが、接骨院のトランポリン・・・。トランポリンは毎回5分飛んでいるのですが、そのうち50秒間は腰を回しながら飛ぶタームがあります。メタボリックを減らしてウエストが締まるといわれていたのですがホントに・・・・。しかも2インチダウンって。10年位前のウエストに戻ってしまったよ。
posted by bfcbud at 09:47| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月10日

脳脊髄液減少症の本〜その1〜

あなたの「むち打ち症」は治ります!―脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)の決定的治療法 あなたの「むち打ち症」は治ります!―脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)の決定的治療法
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] あなたの「むち打ち症」は治ります!―脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)の決定的治療法
[著者] 篠永正道 山口良兼 守山英二
>>Seesaa ショッピングで買う

 脳脊症の本は現在数冊発行されております。
amazonで一般的に手に入る本は4冊あります。(検索ワードは、脳脊髄液減少症では3冊、低髄液圧症候群で4冊。旧版などは数えない)
このうち、2冊は医療従事者が書いたもので、残り2冊は患者が書いたものです。
 脳脊症は、病気としてはいまだ立証が確実ではない研究段階にあり、治療方法としては臨床で実験段階にあるにすぎません。そのため、存在そのものや方法についての賛否両論が絶えません。出版される本にもその影響が出ています。
 医療従事者が書いた2冊のうち、1冊はこの病気を発見し臨床治療をここまで牽引してこられた篠永医師ら肯定派グループの本。もう1冊は、肯定派の美馬医師とは大学時代の同期であり優秀な臨床脳神経外科医である、吉本医師が書いた疑問派の本です。吉本医師の本は自動車保険会社系出版社のシリーズ本として出版されており、主に自動車保険の担当者が対策本として活用することに主眼がおかれています。

 このうちまず、篠永医師の肯定派の本を紹介したい。
この本と、吉本医師の本を読めば、医療や社会がこの病気にたいしてどのような態度でいるのか、だいたいの現状を把握することが出来ます。

 分かりやすさを追求したため、治療による弊害や副作用についての記述が少ないのですが、病気の発生するメカニズムや、どうすればいいのか、罹患している患者にとっては「目から鱗」状態がつづくこと間違いなしの本です。不定愁訴に長年悩んでいる人は、誰でも一度は読んでみることをお勧めしたい。
 不定愁訴が起きるメカニズム・治療方法としてのブラッドパッチについて・被験者の手記・疑いのある人のためのチェックポイント・今後の課題について書かれております。
 ただし、実験段階の治療法を紹介しているため、いくつかの記述については今後大きく改訂されることも承知の上で読む必要があります。
posted by bfcbud at 15:18| 東京 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 関連本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。